トップページ安心・安全な生活災害対策関連情報気象情報(ナウキャスト)の活用を

気象情報(ナウキャスト)の活用を

気象情報(ナウキャスト)の活用を
※ ナウキャストとは:気象庁が発表する、今後5~10分ごとの予報

事前に気象情報や落雷注意報を確認しましょう!

屋外活動の前には、天気予報や雷注意報をチェックしましょう
  •  雷注意報は雷や竜巻が発生する数時間前から発表します。
  •  雷注意報の発表中は渓流・河川敷や中州・親水公園などでの活動は避けましょう。
  •  気象状況は、テレビやラジオのほか気象庁ホームページでも確認できます。
  • ナウキャストで最新の状況を確認しましょう!

    ナウキャストは、最新の状況から60分先まで予報します
      ○竜巻発生角度ナウキャスト
    • 激しい突風の発生する可能性の高さに応じて
      確度1 (1~5%の確立で発生)
      確度2 (5~10%の確立で発生)
      で表します。
      ○雷ナウキャスト
    • 雷の激しさに応じて
      激しい雷
      やや激しい雷
      雷あり
      と表します。
      今後、雷の発生する可能性が高い領域も表します。
      ○レーダー・降水ナウキャスト
    • 雨の降る場所や強さを表します。

    積乱雲が近付いてきたら建物に避難しましょう!

    これらは、発達した積乱雲が近付く兆しです・竜巻・雷・強い雨の危険があります
  •  真っ黒な雲が近付き、周囲が急に暗くなる
  •  雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする
  •  ヒヤッとした冷たい風が吹き出す
  •  大粒の雨や「ひょう」が降り出す


  • こんなときは運動場など開けた場所や水辺は危険です。
     すぐに頑丈な建物の中などに避難しましょう。
    (注)気象庁資料を引用
    Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.