大雨に備えて

大雨に備えて
大雨は、地震とは異なり、一瞬で襲ってくるものではありません。
気象情報に注意し、早めの避難行動をとることによって被害を避けることが十分可能です。
  • 災害を引き起こす雨
    長時間雨が降り続いたり、短時間でも強い雨が降ったりすると、災害の危険があります。
    台風の接近時や前線停滞時、大気の状態が不安定で積乱雲が発達しやすい時などは注意が必要です。
雨の強さと降り方(気象庁資料)
1時間雨量
(ミリ)
屋 外 の 様 子 災 害 発 生 状 況
10以上
20未満
地面一面に水たまりができる この程度の雨でも長く続くときは注意が必要
20以上
30未満
側溝や下水、小さな川があふれ、小規模ながけ崩れが始まる
30以上
50未満
道路が川のようになる 山崩れ・がけ崩れが起きやすくなり、危険地帯では避難の準備が必要 都市では下水管から雨水があふれる
50以上
80未満
水しぶきで辺り一面が白っぽくなり、視界が悪くなる 都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある
マンホールから水が噴出する土石流が起こりやすい多くの災害が発生する
80以上 雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要
  • 雨が激しくなったら
    大雨がもたらす災害には、川の溢水、堤防決壊、山がけ崩れなどの土砂災害、周辺の地面よりも低くなっている道路区間や地下街の冠水などがあります。
    各地域のハザードマップで危険箇所を確認し、大雨のときには近寄らないようにしたり、危険箇所が自宅などの近くにある場合は、自主的に避難したりするようにしましょう。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.