トップページ安心・安全な生活災害対策関連情報積乱雲に伴う被害例と対策

積乱雲に伴う被害例と対策

積乱雲に伴う被害例と対策

竜巻による災害

○ 被害をイメージして災害を回避しよう
  • 建物の倒壊
  • 屋根瓦が飛散
  • 飛来物の衝突
  • 電柱・樹木の倒壊
  • テント等の飛散 など

マーク ※ 強い竜巻では列車や自動車が転覆することもあります

○ 竜巻から身を守るには…
頑丈な建物の中へ避難
  • 避難するときは屋根瓦などの飛来物に注意しましょう!
  • 避難できない場合は、物陰やくぼみに身を伏せましょう!
    危険車庫・物置・プレハブへの避難は危険です。
室内でも窓や壁から離れる
  • 家の中心部に近い、窓のない部屋に移動しましょう!
  • 窓、雨戸を閉め、カーテンも閉めましょう!
  • 頑丈な机の下に入り、頭部を守りましょう!

雷による災害

○ 被害をイメージして災害を回避しよう
  • 落雷
    まわりより高いところに落ちやすい!
  • 側撃雷
    木の幹や枝から雷に撃たれることも!
マーク 危険 ゴルフ・サッカー・野球などの屋外スポーツ、公園・海・山におけるレジャーなど
○ 雷から身を守るには…
雷鳴が聞こえたらすぐ避難

雷鳴が遠くても、雷雲はすぐに近付いてきます。屋外にいる人は安全な場所に避難しましょう!
建物の中や自動車へ避難

建物や屋根付きの乗物(自動車等)へ避難しましょう。雨宿りで木の下に入るのは危険です。
木や電柱から4メートル以上離れる

○ 側撃雷の恐れがあるので、木や電柱から4メートル以上離れてください。

○ 近くに避難する場所が無い場合は、姿勢を低くしましょう。 


図の三角の範囲内は危険は比較的少ないですが、なるべく早く屋内の安全な場所に避難しましょう。
(注)気象庁資料を引用
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.