集中豪雨に備えて

集中豪雨に備えて
~ 雨の強さと降り方 ~ (注)気象庁資料を引用
1時間雨量(単位はミリ) 10以上20未満 20以上30未満 30以上50未満 50以上80未満 80以上
予報用語 やや強い雨 強い雨 激しい雨 非常に激しい雨 猛烈な雨
大人の受けるイメージ ザーザーと降る どしゃ降り バケツをひっくり返したように降る 滝のように降る(ゴーゴーと降り続く) 息苦しくなるような圧迫感がある恐怖を感ずる
人への影響 地面からの跳ね返りで足下がぬれる 傘をさしていてもぬれる 傘は全く役に立たなくなる
屋内の様子(木造住宅を想定) 雨の音で話し声がよく聞き取れない 寝ている人の半数くらいが雨に気づく
屋外の様子 地面一面に水たまりができる 道路が川のようになる 水しぶきで辺り一面が白っぽくなり、視界が悪くなる
車に乗車中の様子   ワイパーを早くしても見づらい 高速走行時、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かなくなる (ハイドロプレーニング現象) 車の運転は危険
災害発生状況 この程度の雨でも長く続くときは注意が必要 側溝や下水、小さな川があふれ、小規模のがけ崩れが始まる 山崩れ・がけ崩れが起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要 都市では下水管から雨水があふれる 都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合があるマンホールか ら水が噴出する土石流が起こりやすい多くの災害が発生する 雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要

局地的大雨に備えて

局地的大雨から身を守るための3要素
  • 局地的大雨では、積乱雲(雷雲)によって急に強い雨が降り、降った雨が低い場所へ一気に流れ込むため、総雨量は少なくても、十数分で甚大な被害が発生することがあります。
    どのような場所でどのような事故や災害が発生するのか、被害をイメージできることが重要です。
もし、こんな場所にいたら
  • 川釣りや川原でバーベキュー
  • 親水公園で水遊び
  • 渓流
  • 河川工事現場
  • アンダーパス
  • 地下街
  • 地下ガレージ

アンダーパスとは
交差する鉄道や他の道路の下を通過するため、周辺の地面よりも低くなっている道路区間のこと。
    矢印局地的大雨によって
このような事故や災害が、十数分間で発生することがあります。
  • 川の急な増水で中州に取り残される
  • 地下街や地下鉄の駅に雨水が流れ込む
  • アンダーパスの冠水
  • マンホールへ転落
  • 地下室に閉じ込められる
  • 遊んでいる子どもたちや工事中の作業員等は、周囲の状況の変化に気付きにくいものです。
    保護者や監督者は、最新の気象情報を確認するとともに、空や川の変化の様子を観察し、危険を感じたらすぐに避難を指示するようにしましょう。

こんなときは要注意!
  • 最新の天気予報で → 「大気の状態が不安定」「雷、突風、ひょうに注意!」
  • 低地の近くで → 「危険を知らせる看板」
  • 水辺の近くで → 「サイレンの音が聞こえる」
  • 携帯電話サービス → 「大雨・洪水警報発表中」「周辺や川の上流で雨が降っている」
  • 空を見上げると → 「積乱雲(雷雲)の近付く兆しが…」
  • 川の様子は → 「水かさが増えてきた」「水が濁ってきた」
  • 真っ黒い雲が近付き、周囲が急に暗くなる
  • 雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする
  • ヒヤッとした冷たい風が吹き出す
  • 大粒の雨や「ひょう」が降り出す
矢印
  • 雨が降り始めたら、すぐに水辺から離れ高いところへ避難を。
  • 浸水した場所では足下に注意!

★★★ 危険を感じたら、直ちに避難! ★★★

(注)気象庁資料を引用
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.