サイバー防犯通信

1 防犯通信一覧(すべて)

2 ウィルス感染・不正なアプリ

ウィルスに感染したり、悪意のある不正なアプリを取り込むと、犯人が感染者のパソコンや保存された情報を自由に利用できるようになります。
ウィルス対策ソフトの導入や、OS・アプリの更新など基本的な対策を必ずとって、自ら最新情報を入手してください。

3 標的型メール・迷惑メールなど

ウィルス感染、情報の盗み取り、商用サイト・不正サイトへの誘導などを目的とした様々なメールが届きます。
ウィルス感染の多くは、メールの添付ファイルやリンク先への接続が原因です。取引先を装う巧妙なものも増えています。
安易に開封しないようにしましょう。

4 ネットバンキングの不正送金

メールで偽サイトに誘導されたり、ウィルス感染によって、IDやパスワードが盗まれ、自分の口座から他人の口座へ勝手に送金されるなどの被害。
取引先の金融機関が示している対策は確実にとりましょう。

5 乗っ取り・なりすまし

他人のIDやパスワードを利用(乗っ取り)したり、他人の名前などを使って(なりすまし)、SNSやメール等を発信したり、インターネット上のサービスを利用したりする行為。
IDやパスワードは推測されないものを使いましょう。

6 偽サイト・詐欺サイトなど

「偽物が届いた」「商品が来ない」といったものから「ウィルス感染」「ID・パスワードの盗み取り」など悪意のある様々なサイトがあります。
1回のクリックで「登録完了」として料金請求を行うワンクリック詐欺は、相談をためらいがちなアダルトサイトで多発。
見抜くヒントや犯人の手口を知っていれば気付けることがあります。
「だまされた」「おかしい」「不安」と感じたら、まず公的機関に相談

7 その他・お知らせなど

その他、インターネットの中には様々な脅威が存在しています。日頃から自分の身を守るため、アンテナを広く張り巡らせ、最新の情報を入手するように心がけておきましょう