メインタイトル
トップページあなたのまちの警察署芦屋警察署

兵庫県 芦屋 警察署

警察署の紹介 各種窓口案内 交番案内 統計・マップ お知らせ 警察署協議会


 署長からのメッセージ

芦屋市民の皆さん! こんにちは!

 秋も深まり、春にきれいな花を楽しませてくれた芦屋川の桜の葉はすっかり色づき、六甲山も赤や黄色に色づきはじめました。秋の澄んだ空気と木々の紅葉は「素敵な街・芦屋」をより一層華やいだものにしてくれているようにも思えます。
 日課になっている毎朝のウォーキングでは、たくさんのワンちゃんたちに出会うことができます。動物好きで、特に犬が好きな私にとってはワクワクする時間でもあります。
 柴犬。甲斐犬。秋田犬。チワワ。パグ。シェパード。ゴールデンレトリーバー。アフガンハウンド。ボルゾイにも出会います。そして少し前に出会ったのがミュージカル「アニー」に出演していた犬種のオールド・イングランド・シープドッグ。日頃はワンちゃんに触らないよう辛抱しているのですが、その時は辛抱できず、飼い主さんに許可を得て撫でさせてもらいました。モフモフ♪

 飼い主の皆さん。      ♦ リードに確実に繋いで、糞は持ち帰り。
♦ 市民の皆さんも気持ちよく通行・散策できるような配慮
もお願いします。

 今月は、「犯罪被害者等支援活動」についてお知らせしたいと思います。

 警察では、被害に遭われた方からの相談を受けたり、臨床心理士によるカウンセリング等で精神的な支援や犯罪被害者等給付金の支給などの経済的な支援を実施しています。
 また、兵庫県公安委員会から犯罪被害者等早期援助団体の指定を受けている公益社団法人ひょうご被害者支援センターと連携した活動も行っています。
 犯罪被害者やその家族の方に寄り添った支援活動を行います。
  ひとりで悩まず、まずは、相談をしていただきたいと思います。


 芦屋市内では、特殊詐欺被害が連続発生しており、高齢者が狙われています。
 被害額も高額であったりと危機的状況が続いています。
 当署においても、警察官がお家を訪問し注意喚起をしたり、芦屋市と協力して、被害防止に向けて様々な取組を行っています。
 ご家族との会話の中で話題にしていただいたり、ATM機の前で携帯電話で通話している高齢者の方を見かけられた時には声かけをお願いしたいと思います。


~勇気と思いやりある行動に署長感謝状を贈呈~

【その1】
 10月上旬の午後5時頃、芦屋市居住の山本さんは、銀行を訪れたところ、スマートフォンで通話しながらATMの操作をしている高齢女性に気付きました。漏れ聞こえてきた通話の「医療費の還付金」という言葉に特殊詐欺を疑い、電話を代わって対応し、その女性に振込を思いとどまらせた上で、警察へ通報していただきました。
 10月22日、芦屋警察署署長室において、山本さんに対し、署長感謝状をお渡ししました。

【その2】
 10月上旬の午前11時頃、ローソン新浜町店の従業員は、来店した70歳代の高齢女性から
「累積医療費還付金があり、サポートするからコンビニのATMに行くよう言われたが、誰からサポートがあるかわからない」と声をかけられたため、その女性に詐欺の可能性を説明して振込を阻止するとともに、警察へ110通報していただきました。
 10月26日、ローソン芦屋新浜町店の店舗前で、署長感謝状をお渡ししました。

 銀行・郵便局やコンビニ等の金融機関で携帯電話をかけながらATMを操作している方(特に高齢者)や戸惑っている方を見かけたら、「詐欺被害ではないか」と疑い、「ここでは電話はかけられません」とか「詐欺の被害に遭っていませんか」等の声かけをお願いします。
 周囲の皆さんの勇気ある行動と思いやりの行動が、特殊詐欺被害の防止に繋がると思います。
 被害防止へのご協力ありがとうございました。これからもご協力をよろしくお願いします。

~市民の方々の勇気とご協力に感謝します~

特殊詐欺の発生状況

○ 発生件数
兵庫県  841件(昨年比+113件)
芦屋市  34件(昨年比+ 2件)

○ 被害額
兵庫県 約12億8,201万円(昨年比+約2億8,970万円)
芦屋市     4,186万4,000円(昨年比+約1,276万円)
(令和4年10月末現在)

 

芦屋警察署長 藤川 真実
 
 警察署の所在地等
庁舎写真管轄地図
郵便番号 659-0065
所 在 地 芦屋市公光町6番7号
電話番号 (0797)23-0110
FAX番号 (0797)22-8660
交通方法 阪神電鉄「芦屋駅」から北へ約50m
JR「芦屋駅」から南西へ約800m
阪急電鉄「芦屋川駅」から南へ約1km
 警察署の管轄区域
芦屋市(兵庫県神戸水上警察署の管轄区域を除く区域)
著作権表示