兵庫県警察・タイトル
トップページ県警察の紹介高速道路交通警察隊
  • 高速隊
  • メッセージ等
  • 交通事故統計
  • 所在地等
高速隊は、高速自動車国道及び自動車専用道路における交通事故・事件の捜査や交通指導取締りにあたるほか、大規模災害時には被災地における支援活動などを行っています。
活動の紹介
○交通指導取締り
交通事故に直結する速度違反やシートベルトの着用義務違反などの各種取締り活動をしています。
○訓練
高速道路における現場活動は危険と隣り合わせとなるので、運転技術や交通事故現場での交通規制要領の習熟のため、厳しい訓練を行っています。
○各種イベント
サービスエリアなどにおける交通安全啓発キャンペーンを行ってます。
○広域緊急援助隊
大規模災害発生時には、広域緊急援助隊として災害地に向かい支援活動をしています。
車両の紹介
○交通パトカー
交通指導取締りや交通事故処理などを行う高速隊の主力車両です。
○多目的車・投光車
降雪時の交通事故処理や夜間の現場活動などに活躍する車両です。
○サインカー・事故処理車
交通事故・検問などの現場で活用する車両で、電光表示板で必要な情報を提供します。
高速道路交通警察隊からのお知らせ
隊長からのメッセージ
高速道路交通警察隊長
下川 久二
  平成28年中の兵庫県内の高速道路における交通事故死者数は16人と全国ワースト1位となり、平成23年以降最多となっています。
今年に入ってからも、脇見運転等による重大事故が多発しています。
これから季候も良くなり外出の機会が増えると思いますが、高速道路を走行する際は下記の点に留意して安全運転に努めてください。
  • 疲れを感じたら早めに休憩を取り、前方不注視による追突事故等を防止してください。
  • 渋滞最後尾においてはハザードを点灯し、後続車に追突防止を促してください。
  • 全席シートベルトを確実に着用し、不測の事故から自身の身を守ってください。
  • 故障や事故で停止した際は、停止表示器材(三角表示板)で後続車に危険を知らせるとともに速やかに安全な場所に避難してください。




1 『人対車両』の交通事故が増加
   歩行者等~故障や事故の当事者、迷い人等の立入りに注意
◎停止車両の近くには人がいることを認識して、速度は控えめに!
イメージ イメージ イメージ
2 非常時の措置
  故障・事故~三角表示板・発炎筒を利用した安全措置
安全な場所への待避~車内にとどまらない・道路に立たない
◎故障や事故の場合で停止したときは、道路外の安全な場所に待避!
イメージ イメージ
3 カーブ地点・トンネル内・下り坂・濡れた路面・渋滞箇所等の措置
  停止車両や障害物を避けられるだけの『安全な速度』と『車間距離』を保ち、前方を注視して走行する。
◎最新の渋滞情報を入手して安全運転を!
イメージ イメージ
4 車外放出事故も増加しています。
  後部座席の方も必ずシートベルトを着用して安全運転に心掛けましょう。
◎全席全員シートベルトを着用しましょう!
イメージ  

高速道路でのシートベルト着用率
(兵庫県と全国平均の比較/平成27年度調査)
  運転席  助手席 後部席
兵庫県 99.2% 97.3% 61.4%
全国平均 99.4% 98.0% 71.3%
比  較 ▲ 0.2 ▲ 0.7 ▲ 9.9
イメージ
※ 兵庫県での着用率は全国平均より低くなっています。
資料
施策・活動紹介
高速道路交通警察隊が行う、イベント等開催の予定と結果についてお知らせします。
関係機関リンク
高速道路交通警察隊と関連がある関係機関等のホームページへのリンクです。
管轄道路はこちらをご覧ください。(PDF 99KB)
分駐隊名 所在地等
隊本部・垂水分駐隊 神戸市垂水区名谷町549番地
(078)707-6241
西宮北分駐隊 西宮市山口町下山口145番地
丹南分駐隊 篠山市杉三反町187番地
加古川北分駐隊 加古川市志方町大澤字中谷847番地の96
姫路西分駐隊 姫路市相野941番地の103
福崎分駐隊 神崎郡福崎町西田原2023番地
和田山分駐隊 朝来市和田山町加都字安桜666番地1
垂水分駐隊 神戸市垂水区名谷町549番地
京橋分駐隊 神戸市中央区新港町16番1号
名谷分駐隊 神戸市垂水区名谷町字前田953番地
洲本分駐隊 洲本市納793番地の2