トップページ安全安心な生活子どもが犯罪被害に遭わないために

子供たちを犯罪被害から守りましょう!

 子供たちが犯罪被害等に巻き込まれることなく、安全で安心な生活を送ることができるように、それぞれの立場でできることに取り組みましょう。

こどものみなさんへのおねが

りやチカンなどのこわわないためにつぎのことをまもりましょう。

項目 学校がっこうへのかえりやあそびなどにかけるとき

学校がっこうへのかえ防犯ブザー
  • できるだけ、友達ともだちなどと一緒いっしょ登下校とうげこうし、一人ひとりにならないようにしましょう。
  • 防犯ぼうはんブザーをにつけましょう。
  • 防犯ぼうはん合言葉あいことば「いかのおすし」をまもりましょう。
  • なにかあったら大声おおごえたすけをぶか、防犯ぼうはんブザーをらしましょう。
  • どもをまもる110ばんいえみせおぼえておき、怖い目こわいめったらみましょう。
あそびなどにかけるとき
  • どこで、だれと、なにをするか、いつかえるのかをいえひとはなしてからかけましょう。
  • 一人ひとりではあそばないようにしましょう。

項目 らないひとからこえをかけられたとき

  • 「おかしをあげるからこっちにおいで」とこえけられても、「いえひといてから」などとってそのはなれましょう。
  • 自分じぶん名前なまえっていたり、やさしそうなひとでも絶対ぜったいについてかないようにしましょう。子供のイラスト
  • 子猫こねこがいるよ」、「いぬげたから一緒いっしょさがして」とさそわれても絶対ぜったいについてかないようにしましょう。
  • らないひとはなすときは、きゅうさわられたり、つかまれたりしないよう、両腕りょううでよこひろげたなが以上いじょうはなれましょう。

項目 くるまなかからのこえかけ

  • らないひとから「おかあさんにたのまれたのでせてかえってあげよう」、「おかあさんが病気びょうきだからくるま病院びょういんれてってあげる」などとこえをかけられても、くるまには絶対ぜったいらないようにしましょう。
  • くるまってみち案内あんないして」とわれても、「大人おとなひといてください」などとことわりましょう。
  • くるまちかづかないようにしましょう。子供のイラスト
  • くるまはバックが苦手にがてです。げるときは、くるますす方向ほうこう反対はんたいかってげましょう。
  • くるませられそうになったら大声おおごえさけぶか、防犯ぼうはんブザーをらしましょう。

項目 留守番中るすばんちゅう

らないひとひとねてきたとき
  • 水道すいどうやガスの点検てんけん」、「配達はいたつ宅配便たくはいびん」などとウソをって、いえはいろうとするひとがいますので、子供こども一人ひとりでいることがからないよう「いまいえひといそがしいのであとてください。」などとって、ドアをけないようにしましょう。
  • 玄関げんかんかぎかならけておきましょう。
留守番中に・・・
らないひとから電話でんわがかかってきたとき
  • 留守番電話るすばんでんわやナンバーディスプレイ機能きのう活用かつようし、らない番号ばんごうからの電話でんわにはないようにしましょう。
  • もし、電話でんわてしまった場合ばあいは、「いまいえひといそがしくて電話でんわられません」などとって、いえひとがいないことがからないようにしましょう。
そとるとき
  • ドアについている、そとるためのあな(ドアスコープ)をのぞいて、安全あんぜん確認かくにんしてからそとましょう。

項目 マンションやビル

    オートロック
  • オートロックマンションの玄関げんかんけるときは、うしろから住人じゅうにんのふりをして一緒いっしょはいってくるひとがいますので、らないひと一緒いっしょはいってこないかうしろをいて確認かくにんしましょう。
  • いえはいったらすぐにかぎけるようにしましょう。
  • エレベーターないでは、各階かくかいのボタンをせる操作盤そうさばんのところでかべけてちましょう。
  • 防犯ブザー
  • エレベーターでらないひと二人ふたりきりになって、へんだな、こわいな、とおもったらつぎかいでおりましょう。
  • とびらまる直前ちょくぜんらないひとってきて、からださわられたりすることがありますので、エレベーターにまえかけないひとがいないか周囲しゅうい確認かくにんしましょう。
  • 不審ふしんひとかけたら、保護者ほごしゃ管理人かんりにんらせましょう。
  • くら場所ばしょ階段かいだんおどでは一人ひとりあそばないようにしましょう。

項目 まちなか

  • 人通ひとどおりのすくないところ、地下道ちかどうなど薄暗うすぐらいところはできるだけけて通行つうこうしましょう。
  • 公園内こうえんないでは、まわりのひとからえにくいところやトイレへは一人ひとりかないようにしましょう。
  • 自転車置場じてんしゃおきばなどでの被害ひがい発生はっせいしていますので、周囲しゅうい見回みまわ注意ちゅういしましょう。

項目 こわにあったときは大声を出すこども

  • とにかく、おおきなこえたすけをぶか防犯ぼうはんブザーをらし、全力ぜんりょくはしってげましょう。
  • ちかくのみせどもをまもる110ばんいえや、交番こうばんみましょう。

項目 防犯ぼうはん合言葉あいことば「いかのおすし」

Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.