トップページ安全安心な生活女性のための防犯対策

女性のための防犯対策

~強制わいせつやチカンなど、女性を狙った犯罪被害から身を守るために~

自宅での防犯対策

  • ドアを開ける前に、不審者がいないか周りをよく確認しましょう。
  • 家に入る際は、「ただいま」などと言いながら家に入りましょう。
  • 家に入ったら、すぐにドアのカギ、ドアチェーンをかけましょう。
  • ドアのカギはできるだけ2つ以上付けましょう(ワンドアツーロック)。
  • 就寝時や出かけるときは、窓やベランダのカギをかけましょう。
  • 訪問者が来たときは、インターホンやドアスコープ等で確認しましょう。相手の身分と用件を確認するまではドアチェーンをしたまま対応しましょう。
  • ゴミ出し等のわずかな時間でも必ずドアにカギをかけましょう。

路上での防犯対策

路上では、チカンなどの性犯罪だけでなく、ひったくりなどの危険もあります。
  • できるだけ、人通りのある、明るい通りを歩きましょう。
  • 歩きながら携帯電話を操作したり、イヤフォンを使用して音楽を聴くなどの「ながら歩行」は注意が散漫になるので危険です。
  • 時々後ろを振り返るなど、周囲を警戒しましょう。
  • 防犯ブザーや携帯電話をすぐに使用できるようにしておきましょう。
  • 被害に遭いそうになったときは、大声を出したり、防犯ブザーを使用するなどし、その場からすぐに逃げて近くの店や家に駆け込むなど、被害を回避するとともに、すぐに110番通報してください!

エレベーターでの防犯対策

  • エレベーターに乗る前に周囲を確認し、できる限り見知らぬ人と二人きりで乗り合わせないよう注意しましょう。
  • 見知らぬ人と二人きりになった場合には、相手に背中を見せず壁を背にして、すぐに非常ベルが押せる位置に立ちましょう。
  • 同乗者に恐怖を感じるようなことがあれば、行き先階ボタンを全部押して止まった階で降りましょう。

電車内や駅での防犯対策

  • 女性専用車両がある場合は、できるだけ利用しましょう。
  • 混み合う電車のドア付近はできれば避けましょう。
  • 被害に遭ったら勇気を出して「助けてください。」などと言って、周りの人に助けを求めましょう。助けを求められた方は、被害者を保護するなどの御協力をお願いします。
    また、被害を目撃した方も、被害者に声をかけてあげるなどの御協力をお願いします。
  • スカート内の盗撮被害も発生しています。背後に気をつけ、スカートの裾を鞄などの持ち物でガードしましょう。

もしも被害に遭ってしまったら

一人で悩まずに勇気を出して警察に相談してください。

相談窓口について

兵庫県警察では、110番通報、警察署への通報のほか、各種相談窓口があります。
  • 性犯罪被害に関する相談は················「性犯罪被害110番」はこちら
  • 電車内などでの痴漢等被害相談は········「痴漢等被害相談所」はこちら
  • 交番で相談したい女性の方は·············「レディースサポート交番」はこちら

ひょうご防犯ネットについて

「ひょうご防犯ネット」に登録して、犯罪情報や防犯情報を入手しましょう。
「ひょうご防犯ネット」はこちら


女性のための護身術

動画や護身術マニュアルを掲載しています。
女性のための護身術はこちら
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.