兵庫県 西宮 警察署
警察署の紹介 各種窓口案内 交番案内 統計・マップ お知らせ 警察署協議会


  • お知らせ「今月の広報」を更新しました。今月の広報の更新日
  • 統計・マップ「街頭犯罪・侵入犯罪の認知状況」を更新しました。街頭犯罪更新日
  • 統計・マップ「子どもハザードマップ」を更新しました。ハザードマップ更新日

 署長からのメッセージ

コミュニケーションの難しさ

 日々、若手職員とのコミュニケーションの難しさを痛感しています。
 手っ取り早いのは「飲みニケーション」とはよく聞きますが、自分の若い頃と比べて飲む若手職員が少ない。また、上司や先輩の執拗な誘いに義務的について行っていた感覚を、今の時代に当てはめるには無理があります。

 では、いかにすれば、若手との距離を縮めることができるのか?
 私(署長)は、若手に対して「何を考えているのかよく分からない。」と、また若手は、「署長は雲の上の存在。どうせ自分の名前も知らないだろう。」と、双方が敬遠していないか。
 このような観点に立つと、私が様々なアクションを起こすことによって、その距離はかなり縮まるような気がして、日常、「距離短縮」を意識した立ち居振る舞いに努めています。
 廊下や階段で出会う職員にこちらから先に挨拶する。
 朝礼等の訓示では、古典や故事を引用した話の多用は避け、自分の言葉で身近な話題、例え話を題材に話すようにしている。笑いネタには結構苦労しているが・・・。

 要は、雲の上であぐらをかいている存在であってはいけない。
 小さなことかもしれませんが、こういう点を意識して接すれば、お互いのことが分かり合え、署長からの指示、命令も円滑に伝わりやすいのです。
 価値観の違いを無理に合わせる必要はない。双方のそれを尊重しようという気持ちが大切なのだと思います。
 そこまでして若手に媚(こ)びなくてもというご意見もあるかもしれません。決して媚びてはいないのですが、多少の歩み寄りは否定しません。
 若手は貴重な財産であり宝。この人材に投資してこそ組織は強くなると思います。
 確かに、署長は、署長としての風格やたたずまいが必要であろう。そのことも意識しながら、今後も彼らとのコミュニケーションに情熱を注ぎたいと考えています。

 先日、地域住民の方から「地区の会合に若い警察官を出席させてほしい。」というご要望を賜りました。順次、当署の若手プロジェクトチームのメンバーを中心に出席させる予定です。
 私と若手職員とのコミュニケーションによって築かれた良好な関係は、住民とのコミュニケーション能力にもつながるということを信じ、各種会合に自信をもって送り出せる職員を育成してまいります。

西宮警察署長 町 祐紀 
 警察署の所在地等
庁舎写真管轄地図
郵便番号662-0853
所在地西宮市津田町3番3号
電話番号(0798)33-0110
交通方法JR「西宮駅」から北西へ約250m
阪神「西宮駅」から北東へ約800m
阪急「西宮北口駅」から西南西へ約1,200m
 警察署の管轄区域
西宮市(甲子園警察署の管轄区域を除く区域) 詳細はこちらをクリック
著作権表示