トップページ>免許・交通>交通安全関係運転者向け在宅学習動画テスト

運転者向け在宅学習動画テスト

 動画を見て、下記表の赤色下線部分に当てはまる言葉・数字を答えてください!
※ 動画を見る方法
  • 二次元バーコードを読み込むスマートフォン等を持っている方
    二次元バーコードを読み込むと、動画を見ることができます。
  • 二次元バーコードを読み込めない場合
    二次元バーコードをクリックすると、動画を見ることができます。
学 習 項 目 二次元バーコード
1 悪質ドライバーの撲滅を目指す!~「あおり運転」厳罰化

政府インターネットテレビにリンクします

 改正道路交通法(令和2年6月30日施行)により妨害運転罪が創設されました。他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持違反:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金、著しい交通の危険を生じさせた場合:最大で5年以下の懲役又は100万円以下の罰金。さらに運転免許の     もあります。(再生時間 2:00)
2  厳罰化!運転中のながらスマホ

政府インターネットテレビにリンクします

 改正道路交通法(令和元年12月1日施行)により携帯電話使用等違反の罰則等が強化されました。罰則は6月以下の懲役又は10万円以下の罰金。反則金は普通車の場合18,000円(施行前の   倍)。点数は   点。交通の危険が生じた場合は1年以下の懲役又は30万円以下の罰金、点数6点になります。(再生時間 2:33)
3 その先の悲劇 絶対にしない・させない!飲酒運転

政府インターネットテレビにリンクします

 飲酒運転により幼児が犠牲となられた悲惨な死亡事故などをきっかけとして、飲酒運転に対する社会の厳しい批判が高まっています。飲酒運転者本人はもちろん、車やお酒の提供者、同乗者にも厳しい罰則が科されます。酒気帯び運転:3年以下の懲役又は   万円以下の罰金、酒酔い運転:5年以下の懲役又は   万円以下の罰金(再生時間 10:12)
4 横断歩行者の交通事故を撲滅するために(運転者編①)

兵庫県警察公式チャンネルにリンクします

 横断歩道で歩行者が犠牲となる交通事故が後を絶ちません。横断歩道は歩行者優先であり、運転者には横断歩道手前での減速義務や停止義務があります。横断歩道に近づいたら、その手前で停止できるような速度で進行しなければなりません(歩行者がいないことが明らかな場合を除く)。子供の     も要注意!(再生時間 3:14)
5 命を守る後部座席シートベルト

兵庫県警察公式チャンネルにリンクします

 全ての座席でシートベルトを着用しなければなりません。
 これは運転者の     です。シートベルト非着用による被害の拡大は被害者の過失とされる場合があるため、被害者であっても、損害賠償等の場面で十分な補償が受けられなく可能性があります。(再生時間 19:05)

在宅学習動画テスト PDF版

 このテストを印刷してご使用する場合は、以下のPDFファイルをダウンロードしてご使用ください。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.