トップページ>免許・交通>交通安全関係交通安全運動の実施結果
春の全国交通安全運動期間中の交通事故発生状況について

 4月6日から15日までの10日間実施した、令和4年春の全国交通安全運動期間中の交通事故発生状況です。

運動重点(運動期間中、特に啓発すること)

  1. 子供を始めとする歩行者の安全確保
  2. 歩行者保護や飲酒運転根絶等の安全運転意識の向上
  3. 自転車の交通ルール遵守の徹底と安全確保

運動期間中の交通事故(速報値)

(1)交通事故発生状況

件数 死者数 傷者数  
うち重傷者
令和4年
(4月6日~15日)
473 544 23
令和3年
(4月6日~15日)
534 634 34
増  減 -61 + 1 -90 -11

(2)死亡事故発生状況

発生日時 発生警察署 状況
4月8日
19:13
たつの警察署  自転車が、道路を北から南へ横断中、西進中の普通乗用車と衝突し自転車の運転者(女性・79歳)が死亡
4月10日
21:00
赤穂警察署  軽四乗用車が、道路を東進中、縁石に乗り上げ電柱等に衝突し、軽四乗用車の運転者(男性・73歳)が死亡。
4月13日
12:09
川西警察署  中型貨物車の運転者(女性・54歳)が、道路に車両を駐車し、降車していたところ、同車両が、自然発進し車両と電柱に挟まれ死亡
4月13日
16:45
三木警察署  軽四貨物車が、南進中、西から東へ横断歩道を横断中の歩行者と衝突し、歩行者(男性・72歳)が死亡
交通事故防止運動期間は終了しましたが、今後も一人ひとりが交通ルール・マナーを守り、ゆずり合いの心を持って、悲惨な交通事故のない社会を目指しましょう!
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.