トップページ安全・安心な生活宝石・貴金属を取り扱う古物商の皆様へ

宝石・貴金属を取り扱う古物商の皆様へ

〔特定事業者の定義〕
 古物である貴金属等を売却し、又は買い受ける場合及び質屋が流質物の処分として質に取った貴金属等を売却する場合は改正法の規制を受けることとなります。
〔取引時の確認等の義務〕
  •  現金による200万円を超える貴金属等の売買契約の締結を行うに際しては、これまでの確認事項に加え、取引を行う目的、職業(法人にあっては事業の内容)及び法人の実質的支配者がある場合にはその本人特定事項を確認しなければならないこととされました。
    法人の事業内容については、定款や登記事項証明書により確認してください。
  •  なりすましの疑いがある取引の場合は、上記確認をより厳格な方法で行わなければならないことに加え、200万円を超える取引である場合には、顧客等の資産及び収入の状況を源泉徴収票、預貯金通帳、賃貸対照表、損益計算書等により確認してください。
  •  上記の確認を行った場合には、当該確認に係る事項、当該確認のためにとった措置等に関する記録を作成し、その確認記録を7年間保存してください。
    また、貴金属等の売買の業務に係る取引を行った場合には、その代金の額が200万円以下の取引及び代金の支払の方法が現金以外の取引を除き、顧客等の確認記録を検索するための事項、当該取引の期日及び内容等に関する記録を作成し、その取引記録等を7年間保存してください。
  •  200万円を超える貴金属等の取引については、古物営業法又は質屋営業法に定められた身分確認や取引時の帳簿記載等義務のほか、上記義務を履行する必要がありますので注意してください。

【問合せ先】
兵庫県警察本部生活安全企画課指導第二係  又は 営業所を管轄する警察署生活安全課
電話 (078)341-7441 内線 3048
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.