トップページ安全安心な生活山岳遭難・水難発生状況

山岳遭難・水難発生状況

山岳遭難

イラスト

近年、県内の山岳遭難発生件数は100件前後で推移しており、遭難者数は10年連続で100名を超えています。

場所別では約半数が「六甲山系」で発生し、態様別では「道迷い」が最も多く発生しています。年代別では40歳以上の中高年者が全体の約7割を占めています。

加えて、今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、登山道が閉鎖等されている可能性もあり、注意が必要です。

事前に登山計画を立てるとともにルートや装備品を確認するなど、しっかりと準備をした上で登山に臨みましょう!

※オンライン登山届受理システム「コンパス」で登山届を提出される方はこちら

水難

イメージ

水難のうち、水泳中や水遊び中の事故は夏場に集中して発生しますが、釣り客や通行人の水中転落事案は、年間を通じて発生しています。

年代別では、子供よりも大人・高齢者が多く、死者の約9割を占めています。自己の体力・泳力を過信してはいけません。
水辺では救命胴衣の着用に努めましょう。

※ 海上保安庁による「事故防止のための情報(ウォーターセーフティガイド)」はこちら(海上保安庁ホームページへリンク)

Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.