• 県下の犯罪統計
  • 重要犯罪
  • 重要窃盗犯

1.10年間の推移

10年間の推移グラフ

2.概況

(1) 刑法犯

 平成28年中における刑法犯の認知件数は53,183件で、前年に比べて10.4%減少しています。検挙件数は16,486件で2.8%増加し、検挙人員は12,145人で0.4%減少しています。
刑法犯概況の表

(2) 重要犯罪

 平成28年中における重要犯罪(殺人、強盗、放火、強姦、略取誘拐・人身売買、強制わいせつをいう。)の認知件数は591件で、前年に比べて15.0%減少し、検挙件数は475件で15.3%、検挙人員は399人で15.3%それぞれ増加しています。
重要犯罪の表

(3) 重要窃盗犯

 平成28年中における重要窃盗犯(侵入盗、自動車盗、ひったくり、すりをいう。)の認知件数は3,962件で、前年に比べて15.5%減少し、検挙件数は2,081件で0.6%、検挙人員は552人で2.6%それぞれ増加しています。
重要窃盗犯の表

1.10年間の推移

重要犯罪の10年間の推移グラフ

2.概況

平成28年中における重要犯罪の認知件数は591件で、前年に比べて104件(15.0%)減少しています。
重要犯罪の認知・検挙数

1.10年間の推移

重要窃盗犯10年間の推移グラフ

2.概況

平成28年中における重要窃盗犯の認知件数は3,962件で、前年に比べて727件(15.5%)減少しています。
重要窃盗犯手口別認知・検挙数
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.