トップページ安全・安心な生活インターネットバンキング利用者の金融情報を狙った新たな犯行手口の発生について

インターネットバンキング利用者の金融情報を狙った新たな犯行手口の発生について

新たな手口の概要

利用者が、金融機関の正規のインターネットバンキングのページからログインをすると、不正にポップアップ画面が表示され、
「システムのメンテナンスや機能の向上のためにお客様情報の再入力をお願いします。」
などの記載とともに
  • 第2の暗証番号
  • 質問や合言葉
  • インターネット用の暗証番号
などの入力フォームが表示されるものです。

防犯ポイント

  1. 送金等取引時以外に、ログイン後改めて利用者に情報入力を求めることはありません。
  2. 万一、入力してしまった心当たりがある場合は、早急に「合い言葉」、「暗証番号」の変更を行うとともに、金融機関への連絡と最寄りの警察署に、届け出てください。
  3. パソコンがウイルスに感染しているおそれがありますので、ウイルス対策ソフト等を最新の状態に更新してください。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.