メインタイトル
トップページあなたのまちの警察署佐用警察署
兵庫県 佐用 警察署
警察署の紹介 各種窓口案内 交番案内 統計・マップ お知らせ 警察署協議会



 署長からのメッセージ

 佐用町のみなさん、こんにちは!
 今回は「けつをまくる(穴を捲る)」というお話です。

 「けつをまくる」という意味をご存じですか?
 時代劇で見る光景で、敵に取り囲まれた人が着物のすそをまくって、「煮るなり焼くなり好きにしてくれ」というセリフを吐きながら座り込んだりする。
 まさにあの行動のことで、開き直るという意味だそうです。

 今から10年以上前の話になりますが、兵庫県警察本部の某課において、ある事件の犯人を検挙し、テレビや新聞で大きく報道されました。
この事件の責任者が、Aさんでした。
華々しく犯人を検挙したものの、その後の捜査がうまく進みませんでした。
 捜査の状況を見かねた上司から、しっかりとした捜査をやるように叱咤激励を受けますが、その後もうまく進みませんでした。
 そして、責任者交代となってしまったのです。

 Aさんは、某警察署長で退職されましたが、署員の前でこの事件を振り返って「けつをまくる」という話をされました。

 内容は

某課に転勤となり、すぐに任されたのが、この事件だった。
Aさんは、それまでの警察経歴において、捜査部門の経験が少なかった。
犯人検挙に伴い、上司からから次から次に指示があり、心が折れそうになった。
ある日、「もう無理だ。これ以上やれば心が折れる」というくらいまでに追い詰められた。
そこで、けつをまくった。
つまり、捜査指揮を放棄した。
けつをまくったおかげで、その後、しばらくは冷や飯を食わされた。
しかし、こうやって、署長をさせてもらった。
もし、あのとき、けつをまくらなければ、心が折れて今の自分はなかっただろう。

 そう話されていました。
 私もAさんのとった行動に同感で、これからの警察人生において、心が折れるまで追い込まれるようなことがあれば、時として「けつをまくる」勇気を出すことも必要ではないかと思います。

 


佐用町民の方へ
ひょうご防犯ネットの登録を!
携帯電話で犯罪情報や防犯情報を配信しています
登録方法はこちらから


佐用警察署長 八木隆賀
 警察署の所在地等
庁舎写真
郵便番号 679-5301
所 在 地 佐用郡佐用町佐用3133番地
電話番号 (0790)82-0110
FAX番号 (0790)82-2190
交通方法 JR姫新線、智頭鉄道「佐用駅」東へ約400m
交通方法 中国自動車道「佐用IC」から南へ約2km
 
 警察署の管轄区域
佐用郡
著作権表示