トップページ感謝のこえ
感謝のこえ
県民の皆様から兵庫県警察に寄せられた感謝、応援のメッセージを紹介します。
明石署
感謝、感動しました
交通第一課の増田主任は、スクールガードの男性から「小学校前の大きな交差点で、乱横断する自転車や、乱暴な運転をする車両などがあり、通学時危険な状況なので、警察官の方に来ていただきたい」との相談を受けました。
増田主任は、すぐに地域課へ依頼し、地域第一課明舞交番の直井主任が児童の通学時、保護立番に当たり安全確保に努めました。
すると後日、男性から「大雨の中、明舞交番の方が来てくださいました。最後まで一緒にいてくださり、誠実な対応に感謝、感動しました。ありがとうございました」と感謝がつづられた手紙が届けられました。
豊岡署
大変お世話になり、ありがとうございました
生活安全課の辻本主任は、女性から迷惑電話に関する相談を受理しました。迷惑電話の相手方について捜査を進めたところ、器物損壊事件の被疑者として検挙されていることが判明しました。
女性は、電話だけにとどまることなく、相手方が自宅に押しかけないか不安だと申し立てたため、辻本主任は、住居地である京都府警へ県間連絡を依頼するとともに、女性に援助申出制度等についてわかりやすく丁寧に説明しました。
すると後日、女性から「先日は大変お世話になり、ありがとうございました。担当していただいた署員の方によろしくお伝えください」などと感謝がつづられた手紙が届けられました。
豊岡署
おかげさまで安心して暮らせます
地域課の松田主任は、地域の安全のため、日々昼夜問わず、綿密な警ら活動を熱心に行っています。
すると、管内に住む女性から「いつもパトロールありがとうございます。夜中のパトロールご苦労様です。おかげさまで安心して暮らせます」などとつづられた感謝の手紙が届けられました。

過 去 の 掲 載 分
生田署
迅速に解決してくださり、ありがとうございます。
地域第一課の橋爪主任は、中学校の教員から「最近、学校の南側歩道上にカップ麺等のゴミが投棄されることが増えて困っている。通学路のため、パトロールをお願いしたい」との相談を受理しました。
ブロック長の小渕係長は防犯カメラ捜査や聞き込みを実施した結果、投棄されていたカップ麺と同じ商品をコンビニエンスストアで購入し、イートインスペースで食べる男を防犯カメラから確認できたため、各課に申継ぎを行いました。
各課で重点警らを実施していたところ、地域第二課の岡本係長と西尾主任が現場付近で、防犯カメラ映像と酷似する男を発見。慌てた様子で立ち去ろうとしたため、職務質問を開始しました。
岡本係長らは、穏やかな口調かつ毅然とした態度で男を問いただしたところ、男はゴミを捨てたことを認めました。
すると後日、教員から「迅速に解決してくださり、ありがとうございました。おかげさまで、生徒たちは安心して通学できます。感謝しています」と感謝の言葉を受けました。

兵庫県警察へのご意見等はこちらからどうぞ→メール
  担当:県民広報課警察相談係
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.