運転免許の有効期間延長手続について ※ 申請の受付は、令和3年12月28日をもって終了します。

県下の運転免許更新センター、兵庫県内の警察署において、運転免許証の有効期限末日が令和3年12月28日までの方は運転免許の有効期間の延長が可能です。

運転免許の有効期間延長の申請については、各運転免許更新センターや警察署等の窓口への直接申請、代理人による申請に加え、郵送による延長申請も受理します。

運転免許証の有効期限末日が、令和3年12月29日以降の方は、「運転免許証の更新・運転可能期間の延長措置」が出来ませんので、運転免許の有効期間内に、運転免許更新センターまたは運転免許の更新事務を扱っている警察署等で、更新手続きをしてください。

運転免許の有効期限延長手続き(郵送以外) ※ 申請の受付は、令和3年12月28日をもって終了します。

 新型コロナウィルス感染のおそれがあり、兵庫県内の警察署又は運転免許更新センターで下記の手続きをされた方のみ、免許証の有効期間の末日から起算して3ヵ月を経過する日まで、更新可能期間を延長します。(運転免許証の住所が兵庫県内の方のみ。運転免許証住所が県内でも、実際の住居地が県外の方は、住所変更が必要となりますので、住所地を管轄する都道府県警察にお問い合わせください。)

  • ★ 今回の延長措置の対象となる方
  •  運転免許の有効期間末日
    令和3年12月28日(火)
    までの方(12月28日までに有効期限の切れる方)で、有効期限内に手続きをされる方(有効期限が切れてからの延長手続きはできません。)
     過去に、延長の手続きを受けられた方も、延長した有効期間の末日が上記の期限内にある方は、再延長の手続きを行うこともできます。
    ※ 更新可能期間の延長になりますので、更新ができる期間(誕生日の前後1ヵ月間)になってから延長手続の申請に来ていただくようにお願いします。
  • ★ 手続きできる場所、時間
    • 1 警察署(佐用警察センターを含む)
    • 月曜日から金曜日(休、祝日除く)
      • 午前9時から午前11時30分
      • 午後1時から午後4時30分
    • 2 各運転免許更新センター
    • 月曜日から金曜日(休、祝日除く)
      • 午前10時から午前11時
      • 午後2時から午後4時 
      日曜日(休、祝日含む)
      • 午後2時から午後4時 
  • ★ 手続きに必要なもの
  • 運転免許証
  • ★ 代理人による申請も可能です。
  • 代理人による申請は、
    •  更新手続開始申請書(手続ができる窓口で、代理人の方に必要事項を記載してもらいます。)
    •  委任状(こちら(43KB)からダウンロードしてください。)
    • ※ 委任状は、必ず申請者本人が記載してください。
    •  代理人となる方の身分確認書類(運転免許証、健康保険証等)
    •  申請者の運転免許証
    が必要となります。
     なお、運転免許証に記載された住所の変更と同時の申請も可能ですが、その際は変更する住所を証明する書類(住民票の写し等)と記載事項の変更に関する委任状も必要となりますので、申請に行く予定の窓口へお問い合わせください。
  • ★ 注意事項
    1.  あくまで運転及び更新可能期間を延長するものであり、更新手続きや更新時講習等の受講を免除するものではありません。
    2. 必ず延長期間内に更新センター又は運転免許更新を行っている警察署等で通常の運転免許の更新手続きを行ってください。
    3.  延長期間内に更新手続きをしないときは、免許は失効し、自動車等を運転することができません。

運転免許の有効期間延長手続(郵送) ※ 申請の受付は、令和3年12月28日をもって終了します。

手続できる方

下記に当てはまることをご確認ください。

 運転免許証の有効期限末日が
「令和3年12月28日」まで 
の方が対象となります。

有効期限が切れた運転免許証の有効期限延長手続はできません。

  • 運転免許証に記載された住所が兵庫県内の方のみ。(運転免許証の住所が兵庫県内でも、実際の居住地が県外の方は、住所変更が必要となりますので、住所地を管轄する都道府県警察にお問い合わせください。住所地を管轄する都道府県警察にお問い合わせください。)
  • 運転免許の有効期間末日が、令和3年12月28日(火)までの方(12月28日までに有効期限の切れる方)で、有効期限内に手続きをされる方(有効期限が切れてからの延長手続きはできません。)
  • 過去に、延長の手続きを受けられた方も、延長した有効期間の末日が上記の期限内にある方は、再延長の手続きを行うこともできます。
  • 運転免許証の記載事項に変更がない方(現住所と運転免許証の住所が異なる等の場合は、先に更新センター等で記載事項変更届出が必要です。)。

郵送による運転免許証有効期間の延長手続の流れはこちら(150KB)

必要書類

  1. 更新手続開始(継続)申請書(郵送手続用)
  2. 申請書は
     こちら(96KB)からダウンロードして印字していただくか、運転免許更新センター、警察署で受け取ってください。
     申請書の記載要領は、こちら(545KB)の記載例をご確認ください。
     更新手続開始(継続)申請書(郵送手続用)(96KB)
  3. 運転免許証の両面コピー
  4. ※必ず、表面及び裏面ともにコピーしたものを送付してください。
     その際、運転免許証本体は送付しないでください。
  5. 返信用封筒(404円分の切手貼付=定型郵便代84円+簡易書留代320円)
  6. ※ 申請及び返信については、必ず「簡易書留」でお願いします。
    返信用封筒の切手貼付金額が足りない場合や切手が貼付されていない場合は有効期間延長に必要な書類等の送付ができませんので、ご注意ください。
    ※ 返信用封筒は定形サイズ(横9cm~12cm、縦14cm~23.5cm、厚み1cm以内)のものを使用してください。
    ※ 返信用封筒の記載方法は、こちら(182KB)を参照してください。

    必ず返信用封筒には、切手の貼付と運転免許証に記載された住所・氏名の記入をしてください。
    (必ず、運転免許証に記載された兵庫県内の住所を記載してください。)

  7. 送信用封筒
    • 送付先
    • 〒673-0842
    • 明石市荷山町1649-2
    • 兵庫県警察本部運転免許課 免許管理係 郵送手続担当者 宛
    送付用封筒の記載例は、こちら(110KB)を参照してください。

手続き方法

  1.  上記必要書類を全て揃え、記入した上で、簡易書留にて
            〒673-0842
             兵庫県明石市荷山町1649-2
              兵庫県警察本部運転免許課
               免許管理係 郵送手続担当者 宛
    へ送付してください
  2. ※ 原則、簡易書留にて送付をお願いします。
    送付方法については、簡易書留以外の送付方法も可能としますが、申請書等の信書を郵便局や運送会社が送付することができ、かつ、必ず発送や到着の確認ができるレターパックなどの方法(詳しくは、郵便局・各運送会社へお問い合わせください。)で送付をお願いいたします。
    万が一、当課に書類が届かなかった際には、当県警は一切の責任を負いません。
  3. 当課から簡易書留にて「運転及び更新可能期間を延長中」である旨を記載した専用シールを返送しますので、お手持ちの運転免許証裏面備考欄に専用シールを貼付して下さい。
  4. シールの貼付要領については、こちら(325KB)をご確認ください。
    • ※ 運転免許証の有効期間が過ぎた方は、専用シールが手元に届き、免許証裏面備考欄に貼付するまでは自動車等の運転はできません。
    •   土・日・休日は業務を行わないため、その間に到着した分については、翌平日以降のシール発送となります。

注意事項

  1.  運転免許証の住所が兵庫県内でない方については、当県警での郵送による手続はできません。
     また、郵送では記載事項変更等他の運転免許手続を同時に行うことはできません。
  2.  運転免許証表面に記載された有効期限までに運転免許課に到達するように送付してください。
     有効期間を過ぎて到達したもののうち、有効期間末日の消印があるものは申請可能としますが、有効期間内に郵便ポストに投函しても、消印が有効期間外であれば、延長申請の手続きはできず、免許は失効となりますので、注意してください。
    ※ 運転免許の有効期限の末日が、令和3年12月28日までの方が申請可能です。
  3.  有効期間末日が切迫している方は、運転免許更新センター、警察署に来庁して手続を行って下さい。
  4.  必要書類に不備がある場合、手続を進めることができず、運転免許が失効する場合がありますので、発送の前に書類が揃っていることを確認して下さい。
  5.  その他
  6.  申請日までに有効期限が過ぎてしまった方は、延長措置の申請はできませんので、こちら「運転免許証が失効された方」をご確認ください。

お問い合わせ先

兵庫県警察本部交通部運転免許課 免許管理係 郵送手続担当
 078-912-1628

運転免許が失効された方

 新型コロナウィルスに感染、感染の疑い又は感染をおそれ、運転免許の有効期限内に更新できず、免許が失効した場合は、公安委員会が認めるやむを得ない事情として、運転免許試験場で特定失効者の受験申請(学科・技能試験を受けることなく免許の再取得手続き)を行うことができます。

運転免許失効手続きについてはこちら
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.