トップページ交通運転免許高齢運転者対策の推進について

高齢運転者対策の推進に関する規定の整備について

平成29年3月12日から、
 ・臨時認知機能検査制度及び臨時高齢者講習制度の新設
 ・臨時適性検査制度
 ・更新時における高齢者講習
 ・その他制度の見直し
等が行われます。
1 臨時認知機能検査制度及び臨時高齢者講習制度の新設
 (1) 臨時認知機能検査制度の新設
75歳以上の運転免許を保有している方が、「認知機能が低下した場合に行われやすい一定の違反行為(基準行為)」をした場合、臨時認知機能検査を受けることとなります。
   ○  臨時認知機能検査の対象となる違反行為(基準行為)
  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反
  3. 通行区分違反
  4. 横断等禁止違反
  5. 進路変更禁止違反
  6. しゃ断踏切立入り等
  7. 交差点右左折等方法違反
  8. 指定通行区分違反
  9. 環状交差点左折等方法違反
  10. 優先道路通行車妨害等
  11. 交差点優先車妨害
  12. 環状交差点通行車妨害等
  13. 横断歩道等における横断歩行者等妨害
  14. 横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害
  15. 徐行場所違反
  16. 指定場所一時不停止等
  17. 合図不履行
  18. 安全運転義務違反
   (2) 臨時高齢者講習制度の新設
基準行為をして臨時認知機能検査を受けた方のうち、検査結果が直近に受けた認知機能検査の結果と比較して悪化している場合等には、臨時高齢者講習を受けることとなります。
 
   (3) 臨時認知機能検査を受けない場合等の取消し等
臨時認知機能検査又は臨時高齢者講習を受けない場合並びに下記「2 臨時適性検査制度の見直し」の臨時適性検査を受けない場合又は診断書提出命令に従わない場合には、運転免許の取消し又は停止の処分を受けることとなります。
2 臨時適性検査制度の見直し
    更新時の認知機能検査又は臨時認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判定された方については、一定の違反を行うことを待たずに、臨時適性検査(医師の診断)を受け、又は診断書提出命令に従い一定の要件を満たす医師の診断書を提出することとなります。
※ 現行制度では、更新時の認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判定された方について、一定の違反があった場合に限って臨時適性検査を行っています。
3 高齢者講習の合理化・高度化
   (1) 更新期間が満了する日における年齢が70歳以上75歳未満の方
高齢者講習の合理(時間短縮)化が図られ、2時間の講習を受講することとなります。
   (2) 更新期間が満了する日における年齢が75歳以上の方
認知機能検査の結果によって受ける講習の内容等が変わります。
認知機能検査で「認知機能の低下のおそれがない」と判定された方は、75歳未満の方と同様に合理化が図られた2時間の講習を受講することとなります。
その他の方は、個人指導を含む3時間の講習(高度化講習)を受講することとなります。

○準中型免許制度の概要についてはこちらを参照してください。
○改正道路交通法の概要については、こちら(PDF 992KB)でも案内しています。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.