トップページ交通運転免許原付免許受験

原付免許受験

明石及び但馬の試験場で原付免許の即日交付を受けるためには、事前に原付講習の受講が必要です。
その他の試験会場で受験する場合は、必ず事前に講習を受講してください。
※ 原付講習の講習場所、方法の詳細はこちら

受付曜日・時間

対象者 申請場所 受付曜日 受付時間 免許交付
県下に居住する方
明石運転免許試験場
(明石更新センター北約100m)
TEL(078)912-1628
○月・火・水・木・金曜日
(祝・休日を除く)
  8:30~9:20 原付講習
受講済者は
即日交付
但馬免許センター
(養父市役所南約600m)
TEL(079)662-1117
○木曜日(祝・休日を除く)  12:30~13:00
伊丹、篠山、丹波、飾磨、佐用、宍粟、美方、洲本、南あわじの9警察署及び出石、香住、村岡、津名西、津名、安積の6警部派出所 毎月1回、日時を指定して実施しています。試験日時は、受験される警察署等によって異なりますのでご注意ください。なお、詳細については、受験される警察署等にお尋ねください。 後日交付(おおむね2週間後)
  • 年末年始の休日(12月29日~1月3日)は、業務を行っていません。
  • 受付時間の厳守
    多種別の試験を時間指定で行っています。受付時間内での申請書の作成、書類審査等の受付(受験番号票の受領)を終了してください。
  • 住民票(個人番号(マイナンバー)が記載されていないもので足ります。)は「本籍」又は「国籍等」の記載のあるものが必要です。
  • 過去に免許の拒否・取消となった方は、取消処分者講習が終了していなければ受験できません 。
    (取消処分者講習を受講された方は、原付講習を受講する必要はありません。)

申請手続きに必要なもの

  1. 住民票の写しは個人番号(マイナンバー)が記載されていないもので足ります。
    運転免許証又は住民票

    小型特殊免許取得者は、その運転免許証(兵庫県内に住所のある免許証に限る。)、運転免許のない方は、本籍地の記載のある住民票(コピーは不可)が必要です。日本国籍のない方も、国籍等記載の住民票が必要です。
  2. 身分証明書
    健康保険証、在留カード、特別永住者証明書、旅券、官公庁が法令の規定により交付した免許証、許可証又は資格証明書等、免許申請者が本人であることを確認できるものが必要になります。
  3. 原付講習終了証明書又は取消処分者講習終了証明書
    原付試験合格時に原付の乗り方の講習(法定原付講習)が終了していなければ、免許証の交付を受けられません。
  4. 申請用写真1枚
    サイズ縦3.0cm×横2.4cmで6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景のもの(目つむり写真は不可)
  5. 筆記用具等
    HBの鉛筆、消しゴム、黒ボールペン、印鑑等
  6. 手数料 運転免許関係手数料一覧表(PDF)
    区  分 金  額
    受験手数料 1,500円
    免許証交付手数料 2,050円
    (原付講習手数料) (4,200円)
    合  計 3,550円
    (7,750円)
※ 参考
  •  申請(交付)に係る手数料は必要金額を兵庫県収入証紙で支払っていただきます。
  •  警察協会(東灘・兵庫支部)、地域交通安全協会又は自家用自動車協会における兵庫県収入証紙販売は、17時までです。
  •  運転免許(更新)センター、運転免許試験場における警察協会の兵庫県収入証紙販売は、16時までです。
『兵庫県収入証紙』の売りさばき所(外部リンク)
問い合わせ先 ○明石運転免許試験場 (078)912-1628
○但馬免許センター   (079)662-1117
  
関連項目・・・・・原付講習の受講案内申請場所の地図と交通
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.