緊急時 正しく使おう 110番
~警察の 相談ダイヤル #9110~

110番の生い立ち

110番通報制度は、1948年(昭和23年)に東京、大阪等の8大都市で発足しました。発足当初、110番は東京のみであり、大阪、京都、神戸等は「1110番」、名古屋は「118番」と全国バラバラの番号でしたが、1954年(昭和29年)に現行の「110番」に統一されました。

110番は、すべて警察本部で受信します

通信指令室110番は、兵庫県内のどこからかけても神戸市中央区の兵庫県警察本部通信指令室につながります。(携帯電話も同様です。)
110番を受理した通信指令室では、コンピュータを駆使した「地図表示システム」、衛星通信の利用によりパトカーの現在位置を把握できる「カーロケータシステム」などを活用し、警察署、パトカーに事件・事故の現場に急行するよう指令します。

110番をかける際の注意事項

  • 110番通報は着信順に接続されます。「すぐに出ない」と判断され、かけ直しをされますと、さらに時間がかかることになりますので、電話を切らずにそのままお待ちください。
  • いたずらの110番は、犯罪です。緊急な事件・事故の対応に支障を来しますので、絶対にしないでください。
  • 110番は、緊急通報電話です。緊急の対応を必要としない相談、要望等については、県警なんでも相談電話「#9110」を利用してください。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.