トップページ安全安心な生活国際テロ対策の推進

国際テロ対策の推進 ~ テロの未然防止に向けて ~

開催年 開催会議・イベント等
2019 ・ラグビーワールドカップ大会(神戸市開催を含む)
・G20サミット(大阪市等)
2020 東京オリンピック・パラリンピック競技大会
大規模な国際会議や国際スポーツ大会などは、世界的に大きな注目を集めることから、テロの恰好の攻撃対象となる可能性があります。

官民一体となった日本型テロ対策の推進

県警察では、民間事業者や関係団体、地域住民の方々と連携して、国際テロ対策を強化しています。

水際対策

イメージ
神戸港テロ対策合同訓練(平成28年6月)
 周囲を海に囲まれた我が国において、テロリスト等の入国を防ぐためには、国際空港・港湾において出入国審査、輸出入貨物の検査等の水際対策を的確に推進することが重要です。
 県警察では、関係団体等と連携して各種対策を推進するとともに、合同テロ対策訓練を実施することにより、水際対策の強化を図っています。
~水際対策の実施状況~
第13回 姫路港テロ対策訓練
  • 実施日 平成30年5月30日
  • 実施場所 兵庫県姫路市飾磨区(姫路港飾磨4号岸壁及び付近海域)
  • 内容
    イメージ
    船上におけるテロリスト制圧状況

     姫路港において、兵庫県警察(飾磨署、網干署、相生署、装備課、機動隊)、近畿管区警察局兵庫県情報通信部機動通信課、姫路海上保安部、兵庫県中播磨県民センター姫路港管理事務所等9機関と民間の船会社から合計約120人が参加し、テロ対策訓練を実施しました。
     訓練では、民間フェリーを外航クルーズ船に見立てて、乗客の中にテロリストが潜伏しているとの想定で、
    • ① 入国審査、所持品検査訓練
    • ② テロリスト捜索、制圧・逮捕訓練
    • ③ 爆発物、化学物質対処訓練
    • ④ 負傷者救護、船舶火災消火訓練
    を行い、テロへの対処能力の向上を図りました。
    写真
    爆発物の処理状況
各種水際対策(クリックしてください)
税関とのテロ対策訓練
  • 実施日 平成30年3月20日
  • 実施場所 神戸市東灘区向洋町東所在 神戸税関六甲アイランドコンテナ検査センター
  • 内容
     神戸税関と県警(東灘署、通信指令課、機動隊、外事課)の2機関・約40人がテロ対策訓練を行いました。
     税関が輸出入貨物の検査を行う『神戸税関六甲アイランドコンテナ検査センター』において、コンテナ貨物内に爆発物が積み込まれているとの想定の下、
    • 税関によるコンテナ検査訓練
    • 県警、税関による110番通報・避難訓練
    • 機動隊による爆発物処理訓練
    等を行い、テロへの対処能力の向上を図りました。
    写真
    機動隊による爆発物処理訓練
第14回 尼崎西宮芦屋港テロ対策合同訓練
  • 実施日 平成30年2月9日
  • 実施場所 兵庫県尼崎市西海岸町所在 尼崎閘門(あまがさきこうもん)
  • 内容
     県警察(尼崎南署、西宮署、甲子園署、芦屋署、神戸水上署、機動隊、装備課、地域企画課航空隊)、近畿管区警察局兵庫県情報通信部機動通信課、神戸海上保安部・西宮海上保安署、神戸税関尼崎税関支署等12機関約90人が参加し、テロ対策合同訓練を実施しました。
     外航船に国際テロリストが紛れ込んでいるとの想定の下、海上におけるテロリスト追跡・制圧訓練、ドローンによる偵察・合同立入検査訓練、陸上におけるテロリスト制圧訓練等を行いました。
    写真
    機動隊 銃器対策部隊によるテロリスト制圧訓練
第18回 神戸港テロ対策合同訓練
  • 実施日 平成29年11月29日
  • 実施場所 神戸市中央区 神戸港新港第四突堤 神戸ポートターミナル及び付近会場
    イメージ
    機動隊 銃器対策部隊によるテロリスト制圧訓練
  • 内容
     2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等を見据え、神戸港において、県警察(灘署、神戸水上署、兵庫署、機動隊、外事課)、近畿管区警察局兵庫県情報通信部機動通信課、神戸海上保安部、神戸税関等9機関、約140人が参加し、テロへの対処能力の向上を図ることを目的に、テロ対策訓練を実施しました。
     訓練では、外航貨物船にテロリストが潜伏しているとの想定で
    1. 貨物船に対する合同立入り検査、荷物検査、上陸審査訓練
    2. 海上におけるテロリスト追跡・制圧訓練
    3. 陸上におけるテロリスト制圧訓練
    4. 負傷者救護・火災消火訓練
    を行い、関係機関との連携を確認し合いました。
    写真
    機動隊 銃器対策部隊によるテロリスト制圧訓練
第9回 東播磨港テロ対策合同訓練
  • 実施日 平成29年10月30日
  • 実施場所 兵庫県加古郡播磨町所在 東播磨港 新島公共埠頭及び付近海上
    イメージ
    貨物船におけるテロリスト制圧訓練
  • 内容
     東播磨港において、県警察(加古川署、高砂署、機動隊、航空隊、外事課)、近畿管区警察局兵庫県情報通信部機動通信課、加古川海上保安署、大阪入国管理局神戸支局姫路港出張所等8機関、約90人が参加し、テロへの対処能力向上を図ることを目的に、テロ対策訓練を実施しました。
     訓練は、停泊中の貨物船にテロリストが潜伏しているとの想定で行われ、県警ヘリが上空を警戒する中、機動隊銃器対策部隊と海上保安署員が潜伏していたテロリストを制圧するなどの訓練を実施しました。
    写真
    陸上におけるテロリスト制圧訓練
第13回 尼崎・西宮・芦屋港テロ対策合同訓練
  • 実施日 平成29年2月9日
  • 実施場所 尼崎市西海岸町 尼崎・西宮・芦屋港周辺
    イメージ
    神戸港テロ対策合同訓練(平成28年6月)
  • 内容
     尼崎・西宮・芦屋港において、兵庫県警(尼崎南署、西宮署、甲子園署、芦屋署、神戸水上署、機動隊、航空隊)、近畿管区警察局兵庫県情報通信部機動通信課、神戸海上保安部、大阪入国管理局神戸支局、神戸税関尼崎税関支署、尼崎消防局等13機関(約90人)が参加し
    • 制限区域内、不審車両侵入対応訓練
    • 不審船への合同立入検査訓練
    • 海上におけるテロリスト捕捉訓練
    • 陸上におけるテロリスト捕捉訓練
    • 入国審査訓練
    • 手荷物検査訓練
    • 爆発物処理訓練
    を行いました。
    写真
    陸上におけるテロリスト補捉訓練


管理者対策

イメージ

爆発物原料取扱事業者に配布しているビラ
 爆発物の原料となり得る化学物質については、薬局、ホームセンター等の店舗における購入やインターネットを利用した購入が可能な状況にあり、近年、国内においても市販の化学物質から爆発物を製造する事案が発生しています。
 このため、これらの化学物質の販売事業者に対して個別訪問を行い、販売時における本人確認の徹底、盗難防止等の保管管理の強化を要請しています。
 このほか、学校、旅館、インターネットカフェ、レンタカー業者等との連携体制の構築を図り、テロ等違法行為の未然防止に努めています。

第9回兵庫県爆発物原料取扱事業者等連絡協議会総会
  • 実施日 平成30年1月31日
  • 実施場所 兵庫県警察本部
    イメージ
  • 内容
     県警察本部において、「第9回兵庫県爆発物原料取扱事業者等連絡協議会総会」を開催し、行政機関、民間団体、事業者等の会員約50人が出席しました。
     協議会では、警備課による警備情勢の報告、機動隊による爆発物処理の実演を行ったほか、会員が不審事案に遭遇した際、躊躇なく警察へ通報できるように、通信指令課による110番通報に関する講演、外事課による不審者対応要領の実演、会員による110番通報の模擬体験を行いました。
    • イメージ
      外事課による不審者対応訓練
    • イメージ
      機動隊による爆発物処理訓練

皆さんへのお願い

 テロを未然に防止するためには、民間事業者や県民の皆さんからの情報提供が必要不可欠です。
例えば、公共機関等、テロに狙われるおそれのある施設やその付近で
  • 見慣れない物が置き去りにされている。
  • 見かけない車が長時間停まっている。
  • 見かけない人が、地図を見ながら写真やビデオを撮影したり、何度も行ったり来たりしている。
など、少しでも「おかしいな」「不審だな」と感じたときは、警察に通報をお願いいたします。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.