トップページ安全・安心な生活振り込め詐欺対策水際での被害未然防止対策について

水際での被害未然防止対策について

犯人にだまされてしまったとしても、金融機関を始めとする関係機関・団体と連携して水際で被害を未然防止できるよう対策を行っています。

金融機関でのお声かけ

被害金の引き出しや振り込みを行う場となる金融機関では、県警察からの要請により、窓口やATM周辺で被害に遭われていないかについて、お声かけによる確認を実施し、特殊詐欺被害が疑われる場合は警察への連絡を求めています。
お声かけに際し、単に「振り込め詐欺ではありませんか?」と伺っても、犯人にだまされてしまった方にとっては効果が認められないため、お金の使い途などを詳しく伺わせていただいています。
※預金小切手を活用した特殊詐欺被害防止対策(預金小切手プラン)の実施
 特に高齢者の方が金融機関で高額の現金を引き出して被害に遭われるケースが多いことから、県警察からの要請により、高齢者の高額出金時には「預金小切手プラン」を実施しています。

預金小切手プランとは?

郵便局、運送事業者の荷物受付時のお声かけ

「被害金を宅配便・ゆうパックで送れ」という手口の特殊詐欺が多発しています。
現金書留以外による現金の郵送や、宅配便・ゆうパックでの送付は、法律等によって禁止されています。
県警察からの要請により、郵便局や運送事業者では、郵便物や荷物受付時に現金が入っていませんかと、お声かけにより確認させていただいています。

コンビニエンスストアでのお声かけ

ATMが設置され、宅配便等の受付も行うコンビニエンスストアでは、県警察からの要請により、金融機関や運送事業者同様のお声かけをさせていただいています。
また、最近では「電子マネーでの支払い」を要求する手口の詐欺が発生しており、電子マネーの購入時にも声をかけさせていただいています。
金融機関等のお声かけにより、毎年、多くの方の被害が水際で未然防止されています。
県民の皆様には多大なご迷惑をお掛けしていますが、県内で毎年10億円以上の被害が発生している特殊詐欺被害を防止するため、ご理解とご協力をお願いします。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.