主な手口 被害防止策 クーリングオフ制度 相談窓口

悪質商法・被害防止策


「悪質セールスマン撃退10か条」をご紹介します。
1 「何の用?」しっかり聞こう、身分と用件
悪質業者は、身分を偽ったり、はじめのうちは販売の意図を隠していたりする場合があります。 少しでも不審に思ったことは、どんどん聞いて、相手のペースにならないことが大切です。
2 おかしい、と思ったときはドアを閉じ
悪質業者は、家の中に入り込むスキをねらっています。いったん入りこんだら、何時間もしつこく勧誘します。うかつに、セールスマンを家に入れないようにしましょう。
 「もうかります」そんな言葉にご用心
うまい話は、世の中にそんなにあるものではありません。うますぎる話は悪質商法だ、と疑ってかかりましょう。
 あやしいぞ、人のふところ聞く業者
悪質業者は、預貯金を根こそぎ、しぼり取ろうと狙っています。自慢げに財産の話などを、他人にしないようにしましょう。 
 勇気だし、はっきり言おう「いりません」
中途半端な態度や優柔不断な対応は、相手につけ込まれるだけです。悪質業者には、毅然とした態度をとりましょう。
 しつこいな、そんな相手は110番
しつこく勧誘されたので、つい根負けして契約してしまったという人がいます。あまりしつこいときは、110番しましょう。
7 迷ったら一人で悩まずまず相談
セールスマンの言うことをうのみにして契約するのは後悔のもと。第三者の意見にも耳を傾けるようにしましょう。  
 サインした後でしまったもう遅い
悪質業者は、口で言うことと契約書に書いてあることが、全然違っています。
サインは、契約書をよく読んでからにしましょう。
9 契約はしてもお金は後払い
契約して、その場で全額を払ってしまうと、後で解約できなくなることがあります。お金を払うのは、品物が本当に必要なものか、冷静に考えた後にしましょう。
10 あなた自身です!自分の財産守るのは
自分だけは大丈夫と思ったときには、「心のスキ」ができているのです。相手は騙しのプロ、 決して油断はできません。
大切なあなたの財産を守るのはあなた自身です。賢い消費者としての知識を身につけましょう。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.