兵庫県警察・タイトル画像 シンボル・マスコットの紹介へ
トップページ安全・安心な生活泥棒から家を守りましょう!

泥棒から家を守りましょう!

~ガラスの防犯対策などで泥棒をシャットアウト~

泥棒はどうやって家の中に入ってくるの?

窓ガラスを割ったり、無施錠の窓や玄関から入ってきます。
一戸建て住宅における侵入盗の侵入手段の
約45%は「無締り」で、約33%は「ガラス破り」
です。
(数値は平成28年中)

ガラスを破られないためにはどうすればいい?

「防犯性能の高い建物部品目録」に掲載された「防犯ガラス」「ウインドウフィルム」が有効です!
  1. 防犯ガラス
    防犯ガラスは、2枚以上のガラスの間に柔軟で強靱な中間膜を挟み、熱と圧力を加えて接着しており、破片が飛散しにくく、加撃物が貫通しにくいガラスです。
    打ち破り試験で打撃を7回加えても十分な大きさの穴が開きません。他の手口についても、高い防犯性能を示します。

  2. ウインドウフィルム
    防犯建物部品であるウインドウフィルムは、その多くが総厚350μm(0.35mm)以上のポリエステル製で、破れにくく、剥がれにくいフィルムです(5mmのフロート板ガラスに、ガラスの露出部全面に貼付すること等条件があります)。  
    打ち破り試験で打撃を7回加えても、十分な大きさの穴が開きません。他の手口についても高い防犯性能を示します。
    しかし、施工時の十分な水抜き、十分な養生など適切な施工がなされていなければ、本来の防犯性能が発揮されないことから、専門の施工業者に依頼する必要があります
  3. その他のガラス(防犯性能は期待できません。)

    ・フロート板ガラス

    最も一般的で、広く開口部に使用されている板ガラスです。
    短時間で破壊され、防犯性能は期待できません。

    ・網入りガラス

    火災時にガラスが割れ落ちて火炎が貫通することによる延焼、類焼を防ぐために金網を封入したガラスです。防犯性能は、フロート板ガラスと同様、期待できません。

    ・強化ガラス

    強化ガラスは、同じ厚さのフロート板ガラスに比べ約3倍の耐風圧強度を持っているガラスですが、防犯を目的としたガラスではありません。破損しても粒状になるため安全性は高いとされていますが、防犯性能は期待できません。

「防犯性能の高い建物部品目録」ってなに?


CPマーク
警察庁、国土交通省、経済産業省と建物部品関連団体等で構成されている「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」では、一定の防犯性能があると評価した建物部品(防犯建物部品)を掲載した「防犯性能の高い建物部品目録」を公表しており、防犯建物部品の共通標章が「CPマーク」です。

防犯性能の基準は?

「官民合同会議」では、侵入までに「5分」以上の時間を要すること等を防犯性能の基準としています。
(参考)
(財)都市防犯研究センターの資料によると、侵入窃盗の被疑者を対象とする調査で、侵入に手間取り、侵入をあきらめる時間について「2分」と答えた者が約17%、「2分を超えて5分以内」と答えた者は約51%となっています。つまり、侵入盗の攻撃に対し建物部品が「5分」耐えることができれば、約7割が侵入をあきらめるということです。

他にも防犯建物部品ってあるの?

ドアやサッシなど17種類の防犯建物部品があります。(平成28年12月末現在)
主な防犯建物部品について紹介します。