イメージ
兵庫県警察官採用センター
トップ>メッセージ
出身学校別リクルーターからの声を紹介します。
  • 六甲アイランド高校卒業
  • T.N(32歳)
学生時代の私
部活が軸の学生生活で、毎日剣道をしていてあまり勉強はしていませんでした。学生生活を全力で楽しんでいました。
警察官を志した理由
自分の進路をどうしようかと迷っているときに、父親から「剣道を6年間もやっていたんだから、警察官になって人の役に立つことをしたら?」と言われました。
警察官になって良かったと思うこと
盗難被害に遭った自転車を見つけて持ち主に返し、とても喜んでもらったり、現在は音楽隊に属していますが、子どもから高齢者の方まで演奏で楽しんでくれたりしているときです。
現在の業務で心がけていること
自分の演奏技術を向上させるとともに、どうすれば県民の皆さまから警察への理解を得られるか、考えながら仕事をしています。
受験を検討している方へのアドバイス
迷っている方こそ是非受けていただきたいと思います。その一歩が、あなたを力強い警察官に導くと思います。とりあえず受けてみてください。
警察学校が不安な方へのアドバイス
誰もが不安を抱くと思います。入校までの不安を吹き飛ばすため、毎日走ることをお勧めします。
  • 大阪経済大学卒業
  • N.H(23歳)
学生時代の私
経済学部を専攻しており、クラブ活動に熱中し、毎日練習していました。
警察官を志した理由
幼い頃から憧れていたところもありますが、中学校から続けている剣道の稽古で、警察官の方と稽古をする機会があり、その姿を見て警察官を志しました。
警察官になって良かったと思うこと
道案内を頼まれて、目的地まで上手く説明できたときに「ありがとう」と感謝の声を聞くと警察官になってよかったと思います。
現在の業務で心がけていること
学校で学んできた基本を忘れず、交通事故や怪我をせず、県民の相談に親身になって聞くことを心がけています。
受験を検討している方へのアドバイス
まずは参考書を一通りすることで自分の弱点に気づくことが大切だと思います。あとは新聞を読んで世の中で何が起こっているのか把握することも大切です。
警察学校が不安な方へのアドバイス
勉強面では学校に入ってから学ぶことで充分です。体力面もキツくなっても励ましてくれる仲間がいるので心配せずに入校してください。
  • 大阪経済大学卒業
  • M.T(23歳)
学生時代の私
空手道部に在籍しており、友人たちとの遊びには夢中にならず、空手道の試合で一つでも勝ちたいと思い描いて練習に取り組んでいました。
警察官を志した理由
お巡りさんが住民に優しく接していたことから警察官になりたいと感じました。
警察官になって良かったと思うこと
責任が常についてきますが、胸を張って職務に専念できるところです。
現在の業務で心がけていること
これぐらいで良いと決めつけて手を抜かないこと。
受験を検討している方へのアドバイス
勉強はもちろん大事ですが、それ以上に「警察官になりたい」「人のために何かしたい」と熱意を伝えることが大事かと思います。
警察学校が不安な方へのアドバイス
不安でしんどいときもありますが、一人ではなく仲間がいるので支えていくことができます。
  • 大阪体育大学卒業
  • O.Y(24歳)
学生時代の私
私はアルティメットというスポーツをしていました。ずっと部活に打ち込み、勉強より体を動かすことが好きでした。
警察官を志した理由
巻き込み事故に遭い、同じような事故を減らしたいと思ったからです。
警察官になって良かったと思うこと
一生の仲間ができたことです。学校生活では同期と寝食を共にし、訓練や勉強に励みます。そういった中で支え合い助け合って、今後人生を送る中での大切な仲間ができたと思います。
現在の業務で心がけていること
私一人の言動が、個人ではなく組織として見られているんだと意識しています。またどんな小さなことでも、困っている人の力になれるよう丁寧な対応を心がけています。
受験を検討している方へのアドバイス
警察官になるのも他の仕事に就くのも、まず受験してから考えてみてください。一つの道に囚(とら)われず、選択肢を増やしてからじっくり考えてください。
警察学校が不安な方へのアドバイス
勉強も訓練も、団体生活も大変です。しかしやる気と仲間がいれば乗り越えられます。最初は何もできなくて、不安になるのは皆同じです。気にせずどんどん行動しましょう。
  • 大阪体育大学卒業
  • T.M(24歳)
学生時代の私
専らバスケットボールに取り組んでいました。中学から大学まで部活動に取り組み、学生生活を満喫していました。
警察官を志した理由
大学生のときに原付バイクを盗まれ、すごく嫌な気持ちになり、悪い奴を捕まえたいと思うようになったからです。
警察官になって良かったと思うこと
身分保障がしっかりしています。
制服姿だと特にしっかりと、見本となるようにしなければならないので、責任感が芽生えました。
警察官になり、たくさんの同期・友人ができました。
現在の業務で心がけていること
交番勤務をしていますが、遺失拾得などでの来所者や被害者の方には優しく、相手の立場に立って接するよう心がけています。逆に悪いことをした人には厳しい態度で臨むようにしています。
受験を検討している方へのアドバイス
警察官という仕事は寝る時間も惜しんで県民のために働きますが、悪い奴を捕まえたり、県民に感謝されたりしたときには何とも言えない嬉しい気持ちになると思います。一緒に頑張りましょう!
警察学校が不安な方へのアドバイス
最初の3週間である程度基本が固まります。最初の空気に負けない強いハートを持って頑張れば乗り切れます。あとは自主練習で体力をつけておいた方がいいと思います。
  • 大阪体育大学卒業
  • I.S(23歳)
学生時代の私
私は中学から警察官になりたいという夢があり、柔道をしていたことから文武両道を目指し、強く優しい警察官になるため日々努力しました。
警察官を志した理由
悪をなくすという心と強い体力、精神力のある警察官に憧れを持ち、沢山の人の笑顔が見たいと思い、警察官を志しました。
警察官になって良かったと思うこと
どんな小さなことでも感謝されたときの気持ちは忘れません。
現在の業務で心がけていること
相手への話し方、伝え方に気をつけています。間違った返答をすれば誤解を招くことになるので、対応に十分気をつけています。
受験を検討している方へのアドバイス
悪をなくしたい。悪を許さない。という熱い気持ちが大切です。人のために役に立ちたい、人の笑顔が見たいと思う人は是非。
警察学校が不安な方へのアドバイス
同期生との友好関係を大切にしてください。辛いことも苦しいこともあるかもしれませんが、その辛さを乗り越えるのは同期生との繋がりです。
  • 大手前大学卒業
  • A.T(23歳)
学生時代の私
高校まで続けていた剣道はせずアルバイトばかりでしたが、その中で少しではありますが、社会の厳しさ等を理解し、人間的に成長することができました。
警察官を志した理由
幼いころからの憧れであり、夢でした。これ以外の仕事は考えなかったほどで、一心に警察官になることだけを目指していました。
警察官になって良かったと思うこと
一般市民では経験できないような仕事が多く、やりがいもあります。そして何よりも夢がかなったことが嬉しかったです。
現在の業務で心がけていること
今までの生活で許されていたことが、この仕事では許されません。忘れ物、落とし物、嘘をつけば職を辞さなければならないこともあります。
受験を検討している方へのアドバイス
厳しい仕事ではありますが、警察官になりたい気持ちが少しでもあるのなら、受験して損はしません。
警察学校が不安な方へのアドバイス
体力錬成等、必要最低限のこと以外は特に準備する必要はありません。入校してから精一杯力を出して頑張ることが大切です。
  • 岡山商科大学卒業
  • I.T(23歳)
学生時代の私
私は小学校1年生のときから柔道をしていました。中学、高校、大学と柔道を続けてきたので、体力面、忍耐、精神面に関して向上したと思います。
警察官を志した理由
私が小さなときに柔道を教えてくれたのが警察官で、その人に憧れて志しました。
警察官になって良かったと思うこと
人の役に立てること、人のためになることの喜びや、県民から「ありがとう」という言葉をいただいたときに喜びを感じられたことです。
現在の業務で心がけていること
県民のために一切の妥協をせず、どんな小さな仕事でも全力で遂行することです。
受験を検討している方へのアドバイス
警察官になって、人の役に立てる喜びを感じてほしいです。
警察学校が不安な方へのアドバイス
頭が悪くても、運動が少々苦手でも、絶対に警察官として現場に出るんだという強い気持ちを持って努力すれば乗り越えられるので、ぜひ頑張ってください。
  • 関西大学卒業
  • Y.K(23歳)
学生時代の私
部活に明け暮れており、勉強は得意ではありませんでした。
警察官を志した理由
ストーカー等の悪質な事件が多発していたことから興味を持ち、自分で社会的弱者の女性や高齢者等の支えになりたいと思い志望しました。
警察官になって良かったと思うこと
地域の方々と関わりを持てることです。事件処理や相談を受けた後に、「ありがとう」と言われたときに達成感があります。
現在の業務で心がけていること
勤務の前日は早く寝て、次の日に備えるようにしています。
受験を検討している方へのアドバイス
一次試験は筆記と体力を併せて合否が出るので、両立して準備しているといいと思います。
警察学校が不安な方へのアドバイス
警察学校に入るまでに体力をしっかりつけているといいと思います。
  • 関西学院大学卒業
  • H.T(23歳)
学生時代の私
毎日のように野球をしていました。上達するために目標を設定し努力してきました。勉強面は短期間で集中して取り組み効率良くすることを心がけていました。
警察官を志した理由
就職活動をする上で大事にしていたことは、社会貢献できることです。私は体力と精神力は野球で培ってきて自信があり、世間で起きる事件を解決して社会貢献したかったからです。
警察官になって良かったと思うこと
市民の方から「ありがとう」と言っていただけることです。今までに経験できないようなことを第三者の立場で関わり解決できると、警察官になってよかったと感じます。
現在の業務で心がけていること
私が勤務する警察署は、飲食街が隣接しており人通りが多いので、それだけ取り扱う事案は多いというのが実情です。事案を未然に防ぐ取り組みや要望・意見に応えられるようにしています。
受験を検討している方へのアドバイス
後悔をしないようにしてください。「これだけやった」と胸を張れるように頑張ることが大切だと思います。体力トレーニングや勉強をコツコツと継続すると大きな力になります。
警察学校が不安な方へのアドバイス
警察官として必要なことを学ぶ場なので、辛いこともあると思います。辛いときこそ頑張ってください。達成感を実感することができ自分自身の成長に繋がります。
  • 近畿大学卒業
  • T.Y(23歳)
学生時代の私
部活動に打ち込んでいました。体を動かすことがとても好きで、部活動以外にもスポーツをしていました。
警察官を志した理由
学生生活は3年や4年で終わりますが、職業というのはこの先何十年も続きます。一生かけて仕事を!と考えたときに、人を守れる仕事がしたいと思いました。
警察官になって良かったと思うこと
今できることは限られてはいますが、それでも市民の方から「ありがとう」「ごくろうさま、これからもお願いします」と言われると、やりがいのある仕事だと実感できます。
現在の業務で心がけていること
今はまだまだ分からないことも、できないこともたくさんありますが、常に心がけていることは、自分の無知を知り、どんなことにも貪欲に努力していくことです。
受験を検討している方へのアドバイス
面接では、自分の目標や夢を全力でぶつけてください。たくさんの選択肢がある中で、警察官という職を選んでいただけると、とても嬉しいです。
警察学校が不安な方へのアドバイス
警察学校に入れば、同じ不安や目標を持った仲間がいます。くじけそうなときも、仲間がいるので大丈夫です。
  • 甲子園大学卒業
  • F.K(23歳)
学生時代の私
今思い返せば、寝坊をして講義を休んだり、課題の提出が遅れるというように責任感が無かったと思います。
警察官を志した理由
「人の役に立ちたい」「やりがいのある仕事がしたい」と思ったとき、昔からの夢であった警察官になろうと決意しました。ス
警察官になって良かったと思うこと
家族や親戚、友人たちから良い意味で雰囲気が変わった、頼もしくなったと言われるようになったことです。
現在の業務で心がけていること
警察官は、市民から頼られる面もあれば、怒りの感情を露わに詰め寄られる面もあります。そういった際にひるむことなく毅然とした態度で職務執行するように心掛けています。
  • 甲南大学卒業
  • N.K(24歳)
学生時代の私
中学生から陸上競技の長距離を始め、大学生のときも体育会の陸上競技部に所属し、部活ばかりの日々でした。いろんな事にチャレンジしておけばよかったと思います。
警察官を志した理由
学生時代に「誰かのために働きたい」「悪を正したい」という気持ちを持っており、警察官になりたいと思ったのが理由です。またパトカーに乗るという憧れもありました。
警察官になって良かったと思うこと
県民の安全と安心を守る仕事ができることです。相談をはじめ、110番通報による県民の手助け、困り事を改善し、治安の維持に努められているのも警察官だからこそだと思います。
現在の業務で心がけていること
基本の徹底です。現場に出て間もないので分からないことは多々ありますが、自分にできることを最大限尽くし、積極的に仕事をするという基本的なことを実行します。
受験を検討している方へのアドバイス
職業というのは多種多様にあり、その中でも警察官は特別な仕事だと思います。警察官には単に職業というわけではなく「人生」を大きく変えるほどのやりがいも必ずあります。
警察学校が不安な方へのアドバイス
学科・術科の授業や校則も厳しいのは確かですが、警察官に求められる能力を養うのには必要不可欠です。また、くじけそうな時には同期生が頼りになり、絆も深められる筈です。
  • 甲南大学卒業
  • H.A(23歳)
学生時代の私
私は学生の頃、優先順位をあまり考えず、人の話にも耳を傾けないこともよくありました。しかし、アルバイト等を通して、色々な人と接することの楽しさを得ていました。
警察官を志した理由
私は警察官である父に憧れ、また悪い人を捕まえ、私の周りの大切な人たちが安心して暮らせる地域をつくっていきたいと思い、その正義感から警察官を志望しました。
警察官になって良かったと思うこと
4月に警察官となり、警察学校や署で様々な人と関わり、人を大切にすること、また地域警察官として働く中で、困っている人を助けることの達成感を得ることができました。
現在の業務で心がけていること
私は今、地域警察官として勤務していますが、市民が最も接触する仕事であるため、どんな時にも、どのような人と話す時も、その人の立場になり、親身に対応しています。
受験を検討している方へのアドバイス
警察官の採用試験は、学力だけではなく、体力も必要とされるので、バランス良く準備する必要があります。逞しい警察官への第一歩として、限界に挑戦してほしいと思います。
警察学校が不安な方へのアドバイス
警察学校では、体力面等訓練が過酷であるのに加え、規律がとても厳しいところです。しかし、同期や教官というかけがえのない人と出会うことができます。必ず乗り越えられるので、その鍛錬を、バカになってやり遂げてください。
  • 甲南大学卒業
  • T.H(23歳)
学生時代の私
とにかく旅行が好きで、国内外問わず色々なところに行っていました。社会人になったらできないことを主にし、後悔しないように過ごしていました。
警察官を志した理由
私の友人が交通事故で亡くなったことが理由で、自分の力で事故抑止をしたくて志そうと思いました。
警察官になって良かったと思うこと
県民の皆さんから「いつも守ってっくれてありがとう」と感謝されたときに、警察官でよかったなと思いました。
現在の業務で心がけていること
先輩方がひとつひとつ丁寧に教えてくださるので、期待に応えられるように書類をたくさん書くようにしています。
受験を検討している方へのアドバイス
やりがいを求めているなら警察官という仕事をオススメします。人のために働けるのは警察です。一緒に働きましょう。
警察学校が不安な方へのアドバイス
体力に自信がなくても自然とつくので安心してください。辛いこともありますが、現場に出た際に役立つので耐えて乗り越えましょう。
  • 神戸学院大学卒業
  • S.R(23歳)
学生時代の私
サッカー部の部活動とアルバイト中心の生活でした。勉学にも励み早期に単位を取ることができました。空いた時間を自分の趣味に使うなど充実した学生生活でした。
警察官を志した理由
私の周りには警察希望者が大勢いて、自然と話を聞く機会が何度もありました。その内に警察官という職業に興味が湧き、自分も挑戦してみたいと思い受験を決意しました。
警察官になって良かったと思うこと
社会人として、一人の人間として成長できていると実感できるところ。自分でも信じられないくらい、勉強やトレーニングの意識が芽生え取り組めています。
現在の業務で心がけていること
素直になること。自分の失敗や間違いを指摘されたときに、素直に反省できているのかと自身を改めています。他にも県民の方との会話で言葉のチョイスには気をかけています。
受験を検討している方へのアドバイス
まずは受けてみて欲しい。自分自身も就職活動は警察官だけでなく民間企業も受けていました。選択肢のひとつとして、警察官という職業が就活生にあれば嬉しいです。
警察学校が不安な方へのアドバイス
私自身、何の知識もなく不安だらけで学校に入校しました。分かったことは、気合いと根性があればやっていけます。卒業時には号泣するくらい一生の思い出になります。
  • 神戸学院大学卒業
  • W.T(23歳)
学生時代の私
私は大学4年間、体育会テニス部に入っておりテニスばかりしていました。そのため自由な時間は全然無かったのですが、心身共に鍛えられ、とても充実していたと感じます。
警察官を志した理由
私が小学4年生のとき、街中を颯爽と走る白バイを見て、かっこいいと思ったことがきっかけでした。それからは白バイに乗ることを夢見てずっと警察官一筋でした。
警察官になって良かったと思うこと
世の中には困っている人がたくさんおり、そういう人の手助けができて感謝されたときはやりがいを感じますし、やって良かったなと思います。
現在の業務で心がけていること
私は若手でわからないことばかりなので、今は少しでも先輩から吸収しようと努力しています。またどんなときでも元気だけは忘れないように心がけています。
受験を検討している方へのアドバイス
採用試験には筆記・体力・面接があり、いずれも基礎的なレベルですが、事前に対策をしないと苦戦すると思います。問題集等を使ってしっかり対策することをオススメします。
警察学校が不安な方へのアドバイス
私も学校に入るときは不安でした。しかし周りには同期がおり、一人ではないので、もし悩み事があっても同期と助け合うことできっと乗り越えられると思います。
  • 神戸学院大学卒業
  • I.S(23歳)
学生時代の私
大学では防災関係のコースに進んでおり、東日本大震災の際は、ボランティア活動をしていました。その他、交通安全教室等に参加させていただき、活動していました。
警察官を志した理由
幼い頃からヒーローのような憧れの存在であり、警察官よりも魅力ある仕事が他に思い当たらず、夢である警察官になりたいと思いました。
警察官になって良かったと思うこと
夢が現実となり、その上とても誇りを持てる職業です。私生活も警察官としての意識をしっかり持つことにより、身体を鍛えたり、充実した生活が送れています。
現在の業務で心がけていること
職務を遂行する力強さ、迅速に対応する素早さ、いざというときのための備えを常に意識し、仕事をするようにしています。
受験を検討している方へのアドバイス
勉強は大前提に、なりたいと思う気持ちがあるのであれば、それをしっかりと出し、相手に伝えることが大切です。
警察学校が不安な方へのアドバイス
とても厳しいところではありますが、同じ志を持った同期たちが近くにいるので、安心して臨んでください。
  • 神戸国際大学卒業
  • M.Y(23歳)
学生時代の私
小学生からサッカーを始め、大学まで続けていました。勉強という勉強をしてこなかったため、就職活動で痛い目をみました。今となってはもっと勉強しておけばよかったと後悔しています。
警察官を志した理由
きっかけは本当に単純で、先輩が受験したことにより興味を持ちました。警察の一部分だけではありますが、自分に厳しくあることで、人のために働けることが最終的な志望理由です。
警察官になって良かったと思うこと
色々な知識・経験が身につくことです。何よりも同じ目標を持った同期と厳しい訓練を乗り越え、自分自身、色々な面でスキルアップできます。
現在の業務で心がけていること
日々、相手の立場に立った対応・処理を心掛けています。様々な状況がある中で、冷静に対応できるよう、常に色々な想定をし、準備しておくように心掛けています。
受験を検討している方へのアドバイス
とにかく情報を集め、行動に移すことが大事だと思います。私もゼロからのスタートだったので、一つ一つ課題を作り、クリアしていくことが良いと思います。
警察学校が不安な方へのアドバイス
私からのアドバイスで不安が払拭できる訳ではないと思います。しかし、警察官になりたいという熱意があれば、どんなに厳しい訓練も乗り越えられます。又厳しいからと消極的になるのではなく、前向きに取り組んでいけば、自分自身の力になるので必死に食らいついていくことが大事です。
  • 神戸親和女子大学卒業
  • T.M(24歳)
学生時代の私
大学ではラクロス部に所属していました。子供が好きで教師を目指していましたが、責任感と正義感が強かったため、友達から背中を押してもらい警察官の道を考えました。
警察官を志した理由
小学生の頃から警察官に憧れており、大学時代に、ストーカー行為をしている人を捕まえた経験があります。違法行為をしている人を自分の手で捕まえたいと思い志望しました。
警察官になって良かったと思うこと
女性の相談者からは「女性警察官がいると安心する」と言っていただける機会も多く、また感謝してくださることも多く、そんなときは本当にやりがいを感じます。
現在の業務で心がけていること
警察官であるという自覚を常に持ち、法律を守り、県民の方々に安心感を与えられるよう心がけています。現場では、瞬時に状況を把握し少しでも戦力になれるよう行動しています。
受験を検討している方へのアドバイス
警察官という仕事は決して楽ではありませんがそれ以上にやりがいのある仕事です。採用試験を前に焦りもあると思いますが、今自分にできることをコツコツと頑張ってください。
警察学校が不安な方へのアドバイス
体力面や勉強面とそれぞれいろんな不安があると思います。女性・男性の区別はありませんが、学校生活は一人ではありません。仲間がいるから頑張れることがたくさんあります。
  • 四国学院大学卒業
  • Y.D(23歳)
学生時代の私
大学入学当初から硬式野球部に入部し、体力向上に努めてきて、今でも体力には自信があります。
警察官を志した理由
ただ単純にパトカーや白バイを見て、憧れを持っており、就職活動をしようとしたとき時に現実のものにしたいと思うようになったからです。
警察官になって良かったと思うこと
生活面での安定が得られるし、たくさんの人と関われて、やりがいを感じるところです。また、困ったときに組織で対応してくれ、いつも助けられています。
現在の業務で心がけていること
早く先輩に追いつき追い越せるように、一日ひとつ何か自分にできることはないか発見することです。
受験を検討している方へのアドバイス
最初、自分自身もこれは無理だと思うこともたくさんありましたが、学校に入校してからは何事もやればできると思うようになりました。努力次第でどうにでもなります。
警察学校が不安な方へのアドバイス
みんなスタートは同じで、辛いこともあるかもしれませんが、仲間がたくさんいるので毎日毎日が成長につながります。頑張ってください。
  • 天理大学卒業
  • K.T(23歳)
学生時代の私
専門競技である柔道を何よりも優先させて、強くなりたいという一心で毎日稽古に取り組んでいました。朝から晩まで柔道漬けの日々を送っていました。
警察官を志した理由
これまで続けてきた柔道を活かした職業に就きたいと考えたところ、警察官が自分に合っていると思ったからです。
警察官になって良かったと思うこと
まだ警察官になって日の浅い私ですが、困った人を助けたときに「ありがとう」と言われると、本当に警察官になって良かったなと思います。
現在の業務で心がけていること
目の前のことを全力で取り組むことです。一つ一つのことを全力で取り組むことで、県民の皆様から信用されると思うからです。
受験を検討している方へのアドバイス
警察官はとても訓練が厳しく、想像以上に過酷な仕事です。ですが県民のために働くのでとてもやりがいのある仕事です。一緒に兵庫県の安全・安心を守りましょう。
警察学校が不安な方へのアドバイス
警察学校は厳しい場所ですが、警察官の基本を学ぶ場所です。仲間と共に訓練を乗り越えたときには成長した自分を感じることができます。入校までに体力錬成しておくべきです。
  • 阪南大学卒業
  • M.T(26歳)
学生時代の私
体育会の空手道部に所属しており、全国大会入賞を目指して毎日空手に明け暮れていました。
警察官を志した理由
私は幼い頃から警察官になりたいと思っていました。その思いは大人になってからも変わらず、警察官という仕事を選びました。
警察官になって良かったと思うこと
警察学校で規律のある生活を送るようになるので、以前は私生活面でだらだらしていた面もありましたが、今では私生活も規律ある生活を送っています。
現在の業務で心がけていること
県民の方々と接するときは親切、丁寧な対応を心がけることです。
受験を検討している方へのアドバイス
警察官は厳しい訓練もあり、大変な業務ですが、とてもやりがいのある仕事です。私たちと一緒に警察官として県民の安心、安全を守っていきましょう。
警察学校が不安な方へのアドバイス
警察学校は厳しい場所ですが、警察官の基礎を学ぶ大切な時間です。厳しい訓練も仲間と共に乗り越え、卒業時にはひとまわりもふたまわりも成長しています。
  • びわこ成蹊スポーツ大学卒業
  • T.R(23歳)
学生時代の私
1年生から4年間、水泳で全国を目指しながら、人とのコミュニケーションや伝え方を学んでいました。その中で笑顔でいることの大切さを学びました。
警察官を志した理由
先輩の話を聞き、自分自身の経験を活かした仕事もあり、女性として育児休暇がとれ、子育てとの両立が可能であることから志しました。
警察官になって良かったと思うこと
皆、それぞれに強い意志があり、刺激し合いながら仕事ができるところです。また、自分の選んだペースで勉強していけるのも魅力です。
現在の業務で心がけていること
覚えることが多く、必死で、笑顔を忘れそうになるので、一日の始めに切り替えて笑うようにしています。周りも笑っている人を見る方が好きです。
受験を検討している方へのアドバイス
仕事を始めてから変わることがあってもいいと思うので、自分が何をしたいのかを決めて受けて欲しいと思います。
警察学校が不安な方へのアドバイス
誰もが不安です。同じ気持ちの仲間と辛いことも楽しいことも乗り越えられると思うので、気持ちを強く持ってください。
  • 佛教大学卒業
  • H.S(24歳)
学生時代の私
ずっと部活に明け暮れていました。私は野球をしていたのですが、その中で挨拶や礼儀などたくさんの事を学ぶことができました。
警察官を志した理由
私の父は、私が高校生の時に、昔の交通事故が原因で亡くなりました。父のような、事故が原因で亡くなる人を未然に防ぐことができるのは警察官しかいないと思いました。
警察官になって良かったと思うこと
今の勤務は交番のお巡りさんなので、市民の方々と接する機会が多くて、相談などを受けたときに「ありがとう」という一言をもらうと警察官になってよかったと思います。
現在の業務で心がけていること
わからないことをそのままにするのでは無く、わからなければ上司や先輩に聞き、忘れないようメモなどをすることです。
受験を検討している方へのアドバイス
私は勉強がとても苦手なのですが、そんな私でも頑張ったら出来たということもあるし、参考書はどこの本屋にも売っているのでそれを使用して勉強すれば大丈夫です。
警察学校が不安な方へのアドバイス
一番は体力面だと思いますが、多くの者は入校してから運動をした者が多く、体力面を向上させるのも必要ですが、入校してからでも全然大丈夫です。
  • 武庫川女子大学卒業
  • N.A(23歳)
学生時代の私
大学ではバスケットボール部に所属しており、週6日は部活で激しい運動ばかりしていたので、体力にはとても自信がありました。大変でしたが充実した大学生活でした。
警察官を志した理由
大学のとき、財布をなくして生まれて初めて交番に入ったとき、対応してくださったのが女性警察官で、面白くて優しい、彼女のような格好良い警察官になりたいと思ったからです。
警察官になって良かったと思うこと
警察官になって、日々色々な事案に対応するようになりましたが、そのどれにも共通するのが相手が困っていることであり、その問題を解決した時に感謝してもらえることです。
現在の業務で心がけていること
交番には様々な方が来られますが、まずは親身になって相手の話を聞いてから対応していくように心がけています。
受験を検討している方へのアドバイス
警察には多種多様な仕事の種類があるので、その中に必ず自分にあった仕事があります。ですので、まずは受けてみてはどうでしょう。
警察学校が不安な方へのアドバイス
私も入校するまでは色んな噂を聞いたりして、とても不安でした。ですが、今思い返すと寮室や授業で仲間と過ごした時間は最高の思い出です。
  • 立命館大学卒業
  • S.S(24歳)
学生時代の私
私は大学4回生まで野球漬けの毎日を送る野球人でした。
警察官を志した理由
悪を捕まえ、人を守る仕事に就きたいと思っていたからです。
警察官になって良かったと思うこと
地域の方々から、「いつもありがとう」と感謝の言葉を掛けられたことです。
現在の業務で心がけていること
すべての人の目線で物事を考え、常に人のために行動すること。
受験を検討している方へのアドバイス
とにかく警察官になるという強い熱意を持ってください。そうすれば、勉強にも体力錬成にも更に力が入ると思います。あとはそれらを継続することです。
警察学校が不安な方へのアドバイス
勉強面・体力面共に不安があるとは思いますが、学校では大切な仲間ができますので、互いに自然と成長していけます。心配はいりません。
  • 立命館大学卒業
  • T.M(23歳)
学生時代の私
勉強と部活に明け暮れていました。部活が大好きで全国大会に向けて日々練習に取り組んでいた、スポーツ大好きなごく一般的な大学生でした。
警察官を志した理由
小さい頃から抱いていた警察官への憧れです。「弱きを助け強きを挫く」そんな警察官になりたくて、私は警察官を志しました。
警察官になって良かったと思うこと
市民の方から感謝の言葉を頂く瞬間です。困っている人の力になりたい、助けてあげたいと行動した結果が感謝の言葉になって返ってくるのは本当に嬉しいです。
現在の業務で心がけていること
私が常に業務で心がけていることは、どんなときでも全力で職務に取り組む、積極的な職務執行です。警察官の仕事に一切の妥協は許されません。
受験を検討している方へのアドバイス
もし採用試験を受けようか迷っている人がいるならば是非受験してください。警察官という道を選び、私は今も本当に良かったと思っています。
警察学校が不安な方へのアドバイス
私も警察学校は正直不安でした。しかしそこには同じ志を持った多くの仲間がいました。仲間との絆を深め合い過ごした日々は私の人生の宝物です。
  • 龍谷大学卒業
  • K.Y(23歳)
学生時代の私
ラクロス部に所属しており、毎日部活ばかりしていましたので、体力には自信がありました。
警察官を志した理由
自分の性格にあっていると思ったからです。実際に、とてもやりがいを感じる仕事であり、正義感のあるかっこいい警察官に憧れていたからです。
警察官になって良かったと思うこと
色んな方と話す機会が増えたので、対話能力が上がり、また、感謝されることでとてもやりがいの感じられる職業であると感じています。
現在の業務で心がけていること
相手の話をよく聞いて理解すること、相手の立場になって考えること、悪い犯人を捕まえることだけが警察官ではないということを念頭において働いています。
受験を検討している方へのアドバイス
強いだけが警察官ではなく、優しさも必要です。警察官という仕事にも、種類はたくさんあるので、自分らしい警察官を目指してみてはいかがでしょうか?
警察学校が不安な方へのアドバイス
警察学校は、警察官としての基本を学ぶ場です。仲間と厳しい訓練を乗り越える絆は素晴らしいものです。仲間がいれば大丈夫。そんな自信もついてきます。
  • 神戸夙川大学卒業
  • U.R(22歳)
学生時代の私
大学時代は、部活に、ボランティアに、アルバイトにと充実した日々を送っていました。部活は吹奏楽部に所属しており、文化部でありながらハードな練習をこなす日々でした。
警察官を志した理由
警察ボランティアで出会った女性警察官の警察人生の話を聞いて、私も警察官として生きていきたいと思ったからです。
警察官になって良かったと思うこと
仕事はもちろんしんどいですが、その分やりがいを味わえるということから、この仕事を選んで良かったなと思っています。
現在の業務で心がけていること
女性に関連する事案の対応をする時は、なるべく女性に寄り添い話を聞くようにしています。
受験を検討している方へのアドバイス
受けてみなければ何も始まらないので、是非チャレンジしてみて下さい。夢への第一歩が開けるかもしれません。
警察学校が不安な方へのアドバイス
運動が苦手でも、学校に入ってしまえばやるしかないので、気合いと根性、前向きな気持ちがあれば大丈夫です。
  • 中央学院大学卒業
  • T.Y(27歳)
学生時代の私
私は小学生の頃から大学生までの間、陸上競技を続けてきました。特に、大学では箱根駅伝を目標に毎日のように走っていました。
警察官を志した理由
大学まで続けてきた陸上で培った体力を活かすことができ、県民を守ることのできる仕事だと思ったからです。
警察官になって良かったと思うこと
警察官として現在、交番勤務をしているのですが、地域の方たちにとって身近な交番で働きながら安全を守る仕事ができるということが良かったと思います。
現在の業務で心がけていること
現在の業務で心掛けていることは、110番通報などがあったときは、1秒でも早く現場へ向かい、県民の安全を守ろうという気持ちで勤務しています。
受験を検討している方へのアドバイス
採用試験は、筆記試験だけでなく、体力試験もあるので勉強だけやって運動不足にならないようにしっかり走ったり、筋力トレーニングなどをして、体力をつけて試験に挑んでください。
警察学校が不安な方へのアドバイス
警察学校は厳しい所だというイメージがあると思いますが、しっかり体力をつけていれば何も怖くないと思います。基本的な体力を身に付けて準備をして入校してください。
  • 同志社大学卒業
  • N.T(23歳)
学生時代の私
中途半端にすることが嫌いで、とにかく勉強も部活も遊びもバイトも全力で過ごしていました。毎日、自分のやりたいことをやって後悔しないように過ごすことを心掛けていました。
警察官を志した理由
単純に悪者をやっつける警察官の姿はとてもかっこいいなと感じたのがきっかけです。また、カッコイイ父親になりたかったからです。
警察官になって良かったと思うこと
盗まれた自転車を持ち主の女性に返したときに「ありがとう。」という言葉をかけてもらい、大変嬉しかったです。楽しいことばかりではないですが、とてもやりがいを感じることができると思います。
現在の業務で心がけていること
前向きな気持ちを持つ事だと思います。明け方の勤務で眠かったり、しんどいなと感じるときこそ「よっしゃ、がんばるぞ!!」と自分に言い聞かせて楽しく働いています。
受験を検討している方へのアドバイス
まずは「慣れ」が大切。筆記試験は市販の参考書を繰り返し解きました。面接は色んな人と話をしたり、他社の採用試験を受けて幅広い知識や応用力を身に付けるといいと思います。
警察学校が不安な方へのアドバイス
楽しいことより辛いことの方が多いと思いますが、きっとそれは今後の人生で活かされると思います。必ず最後にはかけがえのない仲間との絆で結ばれるはずです。一緒に目標を持って働こう!
  • 兵庫県立大学卒業
  • K.T(25歳)
学生時代の私
勉強は得意な方ではなく、一年留年しましたが、部活動に力を入れ、日々練習に励んでいました。将来の事を考え始めたのも、少し遅く大学3回生の夏頃でした。
警察官を志した理由
大学で武道系の部活動をしており、部活で鍛えた体力や経験を活かせる仕事がしてみたいと思ったのと部活の先輩にも現職警察官がおり、受験することを勧められたからです。
警察官になって良かったと思うこと
落とし物が持ち主に返ったときや、事件・事故の対応をして、解決したときに被害者の方から本当に感謝されると大変嬉しく思い、警察官という仕事にやりがいを感じます。
現在の業務で心がけていること
現場では事件や事故が立て続けに起こるため、少しでも早く処理をしなければと焦ってしまいますが、被害者の気持ちを疎かにすることなく、親身になった対応をしていきたいです。
受験を検討している方へのアドバイス
警察官は特殊な仕事であり、危険が伴いますが、非常にやりがいのある仕事です。また、ともに危険や苦労を乗り越えることで、一生の仲間がたくさんできます。
警察学校が不安な方へのアドバイス
警察学校はたしかに厳しいところですが、教官たちは私たちが現場に出ても通用するように、犯人に負けないように、私たちのことを考えて指導してくれています。