Q
公益用の駐車禁止除外指定車標章の交付基準や申請方法は?
A
1.交付対象
  (1) 通行禁止・駐車禁止・時間制限駐車区間が除外されるもの
                                                       
 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第15条に規定する感染症の発生の状況、動向及び原因の調査、同法第17条に規定する健康診断、同法第21条に規定する移送、同法第27条に規定する感染症の病原体に汚染された場所の消毒、同法第28条に規定するねずみ族、昆虫等の駆除、同法第29条に規定する物件に係る措置、同法第31条に規定する生活の用に供される水の使用制限等、同法第33条に規定する交通の制限若しくは遮断又は同法第35条に規定する質問及び調査のため使用中の自動車
 電気、ガス、水道又は電話の緊急を要する修復工事のため使用中の車両
 日刊新聞を販売所へ搬送するため使用中の車両
 信号機、パーキング・メーター、パーキング・チケット発給設備、道路標識等の設置又は維持管理のため使用中の自動車
 環境基本法(平成5年法律第91号)第28条又は第36条の規定に基づき国又は地方公共団体が公害調査のため使用中の車両
 専ら郵便法(昭和22年法律第165号)に規定する郵便物の集配のため使用中の車両
 裁判所法(昭和22年法律第59号)第62条に規定する執行官による民事執行法(昭和54年法律第4号)に基づく強制執行等(迅速に行う必要があるものに限る。)のため使用中の車両

  (2) 駐車禁止・時間制限駐車区間が除外されるもの
                                       
 急を要する傷病者の往診等のため使用中の車両
 歯科医師が往診等のため往診歯科診療器材を搭載し、又は携帯用往診歯科診療器材を搬送している車両
 当該車両の自動車検査証に「患者輸送車」又は「車いす移動車」を記載された車両で、患者又は車いす利用者を輸送するために使用中のもの
 報道機関が緊急取材のため使用中の車両
 法第51条の12第1項に規定する放置車両確認機関が確認事務を行うため使用中の車両

2.申請に必要な書類等
(1) 通行禁止・駐車禁止・時間制限駐車区間除外指定車標章交付申請書(公益用)・記載例(公益用)
(2) 用務に該当することを疎明する書面
(3) 自動車検査証のコピー
(4) 法人車両の場合は定款コピー等
(5) 個人車両の場合は車両所有者の住民票(個人番号(マイナンバーが記載されていないもので足ります。)
(6) 主たる運転者の自動車運転免許証のコピー
(7) 車両の写真
(8) 印鑑
(9) 再申請の場合は、現在お持ちの標章

3.申請場所等
 県内の各警察署交通課、警部派出所、又は兵庫県警察本部(交通規制課)で、午前9時から午後5時00分まで(行政機関の休日を除きます。)受付を行っています。
 交付までおおむね14日(行政機関の休日は含みません。)かかります。

お知らせ
通行禁止・駐車禁止・時間制限駐車区間除外指定車標章交付申請書は、各警察署交通課に備えています。
また、当サイト「申請様式等一覧」からダウンロードできます。