Q
身体等に障害がありますが、運転免許を取得することは可能ですか?
A
自動車の安全な運転に必要な「認知」、「予測」、「判断」、「操作」のいずれかに係る「能力」を欠くおそれがある方については、運転免許試験に合格しても免許証の交付を受けられない場合があります。

公安委員会では、運転適性相談室を設置し、身体障害者の方、意識障害のある病気を持っている方等が、運転免許試験を受けようとするとき、また、免許を更新しようとするときは、受験等に先立って免許の取得(更新)が可能かどうかについての相談を随時受け付けています。

この運転適性相談は、地元の警察署でも行っていますが、障害の程度の重い場合は、運転免許試験場(免許更新センター内)の運転適性相談室までお越しいただくことになります。

免許を取得しようとお考えの方は、免許申請や指定自動車教習所へ入所する前に、運転適性相談を受けていただくことをお勧めします(個人情報の保護には十分配意いたします。)

○主な相談内容
  • 運動能力(四肢又は体幹の機能)、視力、視野、深視力、聴力、色彩識別
  • 一定の病気等(発作等により意識障害又は運動障害をもたらす病気、自動車の安全な運転に影響を及ぼすおそれのある症状)に関する相談
○具体的な(審査)内容
◎身体の障害  
身体障害等に応じた
・ 眼鏡等の使用
・ 補聴器の使用
・ オートマチック車の使用
・ 手動式アクセル及びブレーキの使用
等について個別に審査し、最も適した車種の限定や条件を付与して受験等をしていただいています。
◎一定の病気等
一定の病気等により、自動車等の運転に支障がある場合には、現在の病状に関して医師の診断により、免許の受験や更新の可否について審査を行います。
運転適性相談後、後日、医師の診断書(公安委員会提出用)を提出していただく場合があります。
また、過去に一定の病気等を理由に運転免許の取消処分となった方が免許の受験をする際についても、事前に運転適性相談をしてください。
○その他
相談を受ける際、あらかじめ障害に関する診断書を取っていただく必要はありませんが、身体障害者手帳等をお持ちであれば、ご持参ください。
【問い合わせ先】
◎身体の障害
  • 運転免許試験場(明石運転免許更新センター内)運転適性相談室
    月曜から金曜(祝・休日及び12月29日~1月3日を除く)午後1時から午後4時まで
    電話 (078)912-1628 (内線377)
  • 但馬免許センター内の運転適性相談室
    火曜から金曜(祝・休日及び12月29日~1月3日を除く)午前10時から午後0時及び午後1時から午後4時まで
    電話 (079)662-1117 (内線606)

◎一定の病気等に関する相談
  • 運転免許課(講習係)
    月曜から金曜(祝・休日及び12月29日~1月3日を除く)午前9時から午後4時まで
    電話 (078)912-1628 (内線322、324、325、327、333)
運転適性検査室開設場所(身体の障害)
  • 明石運転免許更新センター内適性相談室
    月曜から金曜(祝・休日及び12月29日~1月3日を除く)午後1時から午後4時まで
    電話 (078)912-1628 (内線377)
  • 但馬免許センター運転適性相談室
    火曜から金曜(祝・休日及び12月29日~1月3日を除く)午前9時から午後4時まで
    電話 (079)662-1117
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.