Q
覚醒剤を注射すると、どのような薬理作用がありますか。
A
覚醒剤は、神経を興奮させる作用があり、注射などにより使用すると、疲れや眠気がとれたように感じます。しかし、実際に疲労がとれるわけではなく、眠れないなどのために薬が切れると、かえって猛烈な疲労感や脱力感に襲われます。この不快な気分から逃れるため、繰り返し使用することになります。

習慣性があるため、なかなかやめられず、また1回の使用量が次第に増えはじめ、薬物中毒になり、幻覚・幻聴、妄想等の症状が現れ、精神障害をきたします。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.