Q
警察は、暴力団事務所や組長の自宅を何故警戒するのですか。
A
暴力団組事務所や組長等幹部の自宅等は、対立抗争が発生しますと、対立組織からの拳銃発砲等の攻撃目標となり、付近住民がその巻き添えになる危険性があります。

警察は、暴力団の対立抗争事件が発生しますと、暴力団組事務所等の周辺において、交通検問、集団警ら、重点警戒等の活動を徹底し、対立抗争事件の早期鎮圧、続発事件の予防、被疑者の検挙等に努め、市民生活の安全と平穏の確保を図ることとしています。
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.