メインタイトル
トップページあなたのまちの警察署加古川警察署
兵庫県 加古川 警察署
警察署の紹介 各種窓口案内 交番案内 統計・マップ お知らせ 警察署協議会
-


 署長からのメッセージ

あけましておめでとうございます

平素は警察活動へ深いご理解ご協力を賜り、
誠にありがとうございます。
本年も、署員一丸となって加古川警察署管内の平和と安全を守っていきますのでよろしくお願いします。

 

 ひょうご安全の日

 平成7年1月17日に兵庫県で阪神・淡路大震災が発生してから今年で27年を迎えました。1月17日は「ひょうご安全の日」として設立されています。

 阪神・淡路大震災は内陸直下型の地震で、震源が比較的浅くエネルギーが一気に解放されるタイプの地震であったため、神戸市や宝塚市で震度7を観測し、県内で死者6000人以上、家屋の全半壊240,000棟以上という甚大な被害が発生しました。
阪神・淡路大震災の一番の教訓は「命を守る」「命を救う」ための備えを続けることです。

 いざ、地震が発生したときは、まず、自らの命を守ってください。
 屋内にいる場合は、座布団などで頭を保護しながら、テーブルや机の下に逃げ込み、その脚部分を押さえてください。さらに、ドアを開けて脱出路を確保したり、懐中電灯などの明かりも確保しましょう。
 屋外にいるときは、空地などの安全な場所に避難し、ブロック塀の倒壊や落下物などの危険から身を守ってください。

 次に、被害の拡大を防いでください。
 火元の確認と初期消火、それから電気のブレーカーを落とすことも大切です。さらに被災地では交通規制が行われます。混乱を防ぐためにも、原則自家用車での避難は控え、交通規制、警察官などの指示・誘導に従ってください。

 最後に、お年寄りや体が不自由な方などは、避難の際に周りの手助けが必要です。自らの安全を確保するとともに、手助けを必要とするご近所の方を助けてあげてください。

 平素から、被災した時に備えて、気象情報や避難に関する情報をどのように入手するのか、避難場所はどこで、どこを通って避難するのか、家族との連絡方法はどうするのかなど、自宅や職場を中心に考え、家族で話し合っておくことが大切です。




 警察署の所在地等
庁舎写真管轄地図
郵便番号 675-0101
所 在 地 加古川市平岡町新在家1224番地の13
電話番号 (079)427-0110
FAX番号 (079)425-8110
交通方法 JR「東加古川駅」から北へ約1km
加古川バイパス「東加古川RW」から北約700m
 警察署の管轄区域
加古川市 加古郡
著作権表示