メインタイトル
トップページあなたのまちの警察署三田警察署
兵庫県 三田 警察署
警察署の紹介 各種窓口案内 交番案内 統計・マップ お知らせ 警察署協議会



 署長からのメッセージ

 三田市民の皆様、こんにちは
 師走の候、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

交通事故情報

 さて、三田警察署管内での交通事故の発生状況(平成29年10月末)は、人身事故が307件で前年対比+10件増加しています。
 また、交通死亡事故は、鈴鹿、下青野及び大川瀬で3件発生しているところであり、大変、厳しい情勢となっております。

 三田市内の運転免許保有者数は、約78,700人です。そのうち、高齢者の運転免許保有者数は約15,000人で全体の約19.2%を占め、ほぼ5人に1人は高齢者の方が運転しています。
 とりわけ、高齢者が関係する人身事故は85件発生し、構成率では27.7%を占めているところであります。

 高齢ドライバーの皆さんで運転に自信が持てない方、運転免許の返納を考えてみませんか?

 三田警察署では、高齢運転者が第一当事者となる人身事故や家族等から運転免許証の返納について相談があった場合、高齢運転者にドライブレコーダーを貸出すことにより、映像をもとに運転能力を自覚してもらう取り組みを進めています。

 また、映像で自分の課題も確認でき、交通事故の防止に役立つものです。
 是非、三田警察署にお気軽にご相談ください。


〜家族で自主返納を検討される場合の留意事項〜

 自主返納を高齢運転者に説明する場合、最も大切な留意事項は、「説得ではなく、納得」が必要であります。
 高齢運転者が納得しないまま返納した場合、車のない生活を送ることになりますので、納得してもらうことが大切です。
納得してもらう一つの方法として、当署が取り組んでいます貸し出しのドライブレコーダーを是非、活用してください。

 また、県警では、自治体、企業、団体の協力を得て、高齢者運転免許自主返納サポート協議会を設置し、自主返納した高齢者を対象とした各種優遇制度があります。




防犯情報

 今年に入り特殊詐欺のうち、オレオレ詐欺等の振り込め詐欺被害が4件発生し、特殊詐欺の相談も78件(+57件)と大幅に増加しています。
 「○○警察署のものです。犯人を捕まえると、あなた名義の通帳が発見されました。捜査で必要ですので、キャッシュカードを預かります。暗証番号を教えてください」など、いつ電話が入るかもしれません。
 この場合、「知らない電話」には出ないこと必要ですが、電話に出てしまい、お金の話があった場合は必ず身近な人へ相談することが防止の鍵となります。

 また、非通知の着信拒否やナンバーディスプレイといったサービス、留守番電話設定といった機能を活用することが非常に有効であります。

犯人にだまされないために
  •  電話で「暗証番号を教えて」「現金・カード、通帳を預かる」と言われたら詐欺です。
     絶対に渡してはいけません。
  •  公的機関を名のっても、話は鵜呑み(うのみ)にせず、お金の話が出れば必ず折り返すなど事実確認をする。
  •  身に覚えのない電話があった時は、一人で判断せずに、家族や友人、警察に相談する。

 24時間社会の現代では、季節を問わず、昼夜を問わず様々な犯罪が発生しています。
 不審電話を信じない、歩きスマホを止めるなど、皆様には犯罪に対して「隙を見せない」意識を持っていただくようにお願いいたします。


三田警察署長 三宅 佳史 
 警察署の所在地等
庁舎写真
郵便番号 669-1531
所 在 地 三田市天神1丁目10番1号
電話番号 (079)563-0110
FAX番号 (079)562-0110
交通方法 JR・神戸電鉄「三田駅」から北西へ約1.1km
神姫バス「三田庁舎前」から東へ約100m
 
 警察署の管轄区域
三田市
著作権表示