トップページお知らせ>避難訓練コンサートの開催について

避難訓練コンサートの開催について

ポスター 入場申込みの受付は終了しました。下記は参考としてください。
  • 入場には、事前申込が必要です。
  • 入場は無料です
  • 申込多数の場合は抽選となります。
  • 申込に不備がある場合や重複しての申込は無効とします。
  • 下記の申込方法をよくご覧ください。
    ※ 往復ハガキでは申し込めません。
  • 年齢・性別・身体障害の有無等によるコンサート参加の条件はありませんが、「避難訓練に参加していただく。」ことが参加の条件になります。

避難訓練コンサートとは

「もしもコンサートの最中に災害や事故が発生したら・・・」という想定で参加者にも参加していただき、実際に避難訓練を行うコンサートです。
 今回は、「ホールに対する爆破予告が入り、会場内で不審物件が発見された」という想定で、演奏を中断してスタッフの誘導により参加者にも避難していただきます。

主催:兵庫県警察本部警備課
共催:公益財団法人神戸市民文化振興財団

出演者プロフィール

神戸市混声合唱団
 1989年、神戸市により設立された日本を代表するプロフェッショナル合唱団。神戸を拠点に童謡・唱歌、日本歌曲、外国歌曲、オペラ、シャンソンまで豊富なレパートリーを有し、市民の身近な合唱団として『音楽のまち神戸』推進に大きな役割を果たしている。
 2005年、V.アシュケナージ指揮、NHK交響楽団と共演。2010年、合唱の国ラトヴィア(リガ市)で世界的に有名な室内合唱団「アヴェ・ソル」と共演し、姉妹合唱団協定を締結。2013年、リガ市からの招聘により、ユネスコ無形文化遺産ラトヴィア「歌と踊りの祭典」に出演。
 他、宇野功芳氏と3枚のCDを制作し好評を得、レコード芸術特選盤に選出される。2017年10月より音楽監督に松原千振が就任。
神戸市混声合唱団
指揮者:井村誠貴
井村誠貴 大阪音楽大学コントラバス科卒業。在学中よりオペラ指揮者として各地で研鑽を積み、菊池彦典氏をはじめ、日本を代表する指揮者のもとでアシスタント・コンダクターとして多くの公演に携わり高い評価を得る。
 オペラレパートリーは50を越え、オペレッタや邦人作品の初演にも力を注ぐ。2001年イタリアにてオペラ公演ツアーに同行し、副指揮者として高い評価を得た。
 2013年に年間オペラ公演回数が日本人第1位になる等オペラ指揮者としての地位を確立。
 京都フィルハーモニー室内合奏団を中心に、大阪交響楽団、オペラハウス管弦楽団、京都市交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団等を客演。東日本大震災を受け開催しているチャリティコンサートでは、8回の演奏会で4800万円を超える義援金を届けた。
 クラシックに捉われない幅広いジャンル、年間200回近い公演実績と、繊細且つダイナミックな指揮は、多くのファンを魅了し続けている。
 指揮を湯浅勇治氏をはじめ、松尾葉子、広上淳一、辻井清幸の各氏に師事。
 オーケストラMFI指揮者。春日井市第九演奏会音楽監督、関西音楽人のちから『集』代表。
兵庫県警察音楽隊
 兵庫県警察音楽隊は、県民の皆さんと警察とを結ぶ「音のかけ橋」として、昭和26年に発足。
 楽長以下全員が警察官で構成されており、自主企画の演奏会をはじめ暴力団追放大会や交通安全運動への参加、また特殊詐欺被害防止啓発ソングを制作するなど兵庫県が『安全で安心な街』となるように願いを込めて、活発なミュージックパトロールを展開している。
兵庫県警察音楽隊

開催日時

令和元年9月16日(月・祝)
開場:午後1時30分
開演:午後2時00分(演奏時間:おおむね2時間)

開催場所

神戸文化ホール・中ホール
所在地:神戸市中央区楠町4丁目2番2号

申込方法

受付は終了しました。

申込締切

令和元年7月16日(火) 当日消印有効 受付は終了しました。

入場券発送

申込多数の場合は抽選とし、当選者には座席指定入場券を郵送します。

注意事項

  • 申込用紙は、上記「申込方法」から印刷できます。
  • 入場希望者多数の場合は抽選とし、後日結果を返送いたします。
    ※ 当選者の方には入場券を同封いたします。
  • 一通の申し込みにつき、代表者を含め最大4名まで申し込むことができます。
  • 複数人での申し込みの場合、座席が離れる場合があります。また、座席の変更はできませんのでご了承ください。
  • 申込方法に不備のある場合、重複してのお申し込みは、抽選の対象外となります。
  • 応募いただいた個人情報は、本コンサートの運営事務にのみ使用します。

お問い合わせ先

兵庫県警察本部警備課・実施第一係
(078)341-7441(代表)
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.