トップページテレビ・ラジオ放送過去の放送(第4土曜日)

過去の放送(第4土曜日)

  • 「まもりeye」ロゴ
  • 前回(8月25日)の放送内容
  • みんなで守る 子供の安全
    ~子供の見守り活動~ 
  • 写真
  •  今回は、子供の安全を守るため、それぞれの地域で見守り活動をされている2つの団体について取材しました。
  • 写真
  •  ① 神戸学院大学生のみなさん(ポーアイ・セーフティタウン・コミュニティの活動)
     学生の視点で安全安心なまちづくりについて考え、交通安全・サイバー防犯などの啓発活動を企画し、地域の方々と協力して活動されている団体です。
     今回は、自主企画として行っている下校中の子供たちへの声かけ活動や見守り活動の様子を取材しました。
    写真
    写真
  • 写真
  •  ② 姫路市安室東連合自治会のみなさん(青色防犯パトロール活動)
     子供の通学路となっている場所での登下校時の見守り活動や、青色防犯パトロールカーを活用して、子供たちの安全を守っておられる活動の様子を取材しました。
    写真
    写真

  • ~ なぜ交番って言うの? ~
  • 写真
  •  今回は、「なぜ交番って言うの?」との質問が寄せられましたので、交番と呼ばれるようになった由来などについて紹介しました。
  • 写真
  •  交番の歴史は古く、明治時代にさかのぼります。
     明治時代の警察官は邏卒(らそつ)、警察署は屯所(とんしょ)と呼ばれ、現在の交番も交番所という呼び名で呼ばれており、時代の変化とともに交番の名前は、巡査交番舎、派出所という名称になり、平成6年から現在の呼び名である交番という名称になりました。
    写真

  • 写真
  •  現在、兵庫県内では426箇所の交番が設置されています。
     みなさんの街にも設置されている交番は、昔からの由来どおり今でも警察官が交替で番をするところとされており、三交替制の勤務で警察官が勤務しています。
    写真
Copyright (C) HYOGO Prefectural Police All rights reserved.