統計資料
全国のサイバー犯罪検挙状況(平成25年~29年)
平成29年中の全国におけるサイバー犯罪の検挙件数は9,014件(前年比+690件)であった。 グラフ

■ 検挙件数の内訳(平成28年・29年)
罪名/年次 平成28年 平成29年 前年対比
不正アクセス禁止法違反 502件 648件 +146件
コンピュータ、電磁的記録 374件 355件 -19件
ネットワーク利用犯罪 7,448件 8,011件 +563件
合 計 8,324件 9,014件 +690件


兵庫県下のサイバー犯罪検挙状況(平成25年~平成29年)
平成29年中の兵庫県下におけるサイバー犯罪の検挙件数は396件(前年比+34件)であった。
グラフ

(1) 検挙件数の内訳(平成28年、平成29年)
罪名/年次 平成28年 平成29年 前年対比
不正アクセス禁止法違反 14件 29件 +15件
コンピュータ、電磁的記録 118件 11件 ー107件
ネットワーク利用犯罪 230件 356件 +126件
合 計 362件 396件 +34件

(2) 主な検挙事例(平成29年)
  • ○知人のSNSアカウントに不正にアクセスし、なりすました上、女性に嫌がらせ等をした男を不正アクセス禁止法違反で検挙した。
  • ○ホームページ制作会社が管理するサーバに不正アクセスし、ホームページのデータを消去して、業務を妨害した男を電子計算機損壊等業務妨害で検挙した。
  • ○人気アーティストのライブコンサートの電子チケットを転売目的で購入した男を詐欺で検挙した。
  • ○フリーマーケットサイトにおいて、オフィスソフトを不正にコピーしたパソコンを販売した夫婦を著作権法違反、不正競争防止法違反で検挙した。